【グルメ】稚内市・ラーメン屋『青い鳥』 ミシュランガイド北海道2012に掲載された店

写真拡大

北海道の稚内市……。皆さんの住んでいる地域から考えれば、稚内市は遠いだろうか? それとも近いだろうか? 記者は東京都新宿区に住んでいるうえに、北海道は中学校の修学旅行でしか行ったことがないため、かなり遠い地域といえる。

この記事に書かれていることは、稚内市に近い地域に住む人にとって「遠くない地域の話」として思われるかもしれない。しかしこの記事は、本州や四国、九州、沖縄の人にも「稚内市に行ってその魅力を感じてほしい」という意味を込めて書かせていただくことをあらかじめご理解願いたいと思う。この記事は、『ミシュランガイド北海道2012』に掲載され、絶賛されているラーメン屋の実食レビューである。

・たぶん稚内市でいちばん透き通ったスープ
今回は稚内市にあるラーメン屋『青い鳥』にやってきた。ここの塩ラーメンは絶品だという。結論からいえば「塩ラーメンを見ただけで衝撃を受けた」。限りなく透き通ったスープは、丼の底が見えるほど。麺やチャーシューなどの具が、お湯に浮いているかのようにスープがクリアなのだ。

・麺とスープが融合している
見た目で衝撃をうけたが、今度は味でも驚かされた。よく「スープが麺にからみついて美味しい」という表現をすることがあるが、そういうレベルではないのだ。麺とスープが一体になって、鶏ガラの美味しさを伝えてくるのである。つまり、麺とスープの垣根がないのだ。別々ではなくひとつの存在なのである。
 
・いくら食べても飽きない味
北海道には甘さが強いラーメンが多いが、ここのラーメンは甘さ控えめで限りなくスッキリ。麺自体のコシもよく、食べれば食べるほど快感となって人を魅了する。もしかすると、ミシュランや他のグルメガイドに掲載されている稚内市のラーメン店のなかでは、トップクラスの味といえるかもしれない。遠くからでも行くべきラーメン店名のは間違いない。
 
・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 青い鳥
住所 北海道稚内市中央2-6-5
時間 11:15〜19:00
休日 水曜日
 
Correspondent: Kuzo


この記事の動画を見る