ゴルゴ13の限定ウォッチ誕生 ハードボイルドなセリフ入り

写真拡大

 セイコーウオッチが、2012年で連載44周年を迎える人気コミック「ゴルゴ13」とコラボレーションした新感覚のソーラー電波デジタルウォッチを発表した。「ゴルゴ13」によるハードボイルドを感じさせる時刻表示機能を搭載。「仕事の話に入ってもらおうか」「プロは月光を背にしたりはしないものだ」など、主人公のデューク東郷の名台詞を表示させる。発売は7月7日。 ゴルゴ13の限定ウォッチの画像を拡大

 1968年から連載をスタートした「ゴルゴ13」は、漫画家さいとう・たかをが手がける人気漫画作品。創刊当初から休むことなく連載されており、現在164巻まで単行本が刊行。超一流スナイパーのデューク東郷が、様々な事件に関わる人々と共に社会情勢に切り込んだアクションストーリーを繰り広げている。 セイコーウオッチによる限定モデルは、ビジネスシーンに適した数字のみを表示させる4種のシンプルな時刻表時に加え、独自の電子ペーパー表示技術を使用することで、「ゴルゴ13」のオリジナル時刻表現を実現。デューク東郷が毎時ごとに計48枚の画像に登場し、そのうちの13枚には「この話はなかったことにしてもらおう」「腐ったオレンジを摘み取りに来た」「わかった。『話』にうそはないようだ」「おれが、うさぎのように臆病だからだ」など、作品中のユニークな発言がランダムに登場する仕掛けとなっている。また、ソーラー充電や世界5局の標準電波受信、32都市のワールドタイム機能を備える。レザーバンドモデルは希望小売価格57,750円で限定500本、メタルバンドモデルは希望小売価格63,000円で限定1,000本を販売する。 「ゴルゴ13」とコラボレーションした「セイコー スピリット スマート」は、就職活動や社会人としての生活がスタートする20代前半の若い男性に向けて、スマートでスタイリッシュなデザインの中に先進技術を収めた新ビジネス・スタンダードシリーズ。2011年には、モンキー・パンチ原作のテレビアニメーション「ルパン三世」とコラボレーションした限定モデルを発売している。■問い合わせ セイコーウオッチ(株):お客様相談室 0120-061-012 URL:http://www.seiko-watch.co.jp/