日本や中国からの観光客が多いソウルの明洞では、観光客向けのビジネスが過熱するあまり、韓国人が差別されているように感じるという“逆差別”現象が起こっていると8日、韓国ニュースサイト「アジア経済」が報じ、韓国のネット掲示板で波紋を呼んでいる。

同サイトは「お客の8割が外国人」「日本のGW期間中は客の55%が日本人」という化粧品ショップ店員の声を掲載している。また、同ショップでは、韓国人が「イラッシャイマセ。オネーサン、ミテクダサイ」と日本語で店員に声をかけられることが頻繁にあり、韓国人であることが分かったら冷たい態度に変わると指摘した。

これを受け韓国のネット掲示板では「若い連中が韓流で観光客たちを招いたのに大人たちは自分の懐事情しか考えていないのが問題」といった批判があった一方、「観光客たちがお金落としてくれるならそれでいいのでは」「これから買物の時は外国人のふりをしなきゃ」といった冷静な反応も見られた。

【関連記事】
韓国の観光地調査「中国人は東大門、日本人は南大門を好む」
今ソウルは日本人観光客で大賑わい、デパートではGWイベントも開催

【関連情報】
明洞で日本人のフリをしてみたら“衝撃”(アジア経済ニュース<韓国語>)