リシャール・ミルからマスターズで優勝した「バッバ・ワトソン」モデルの新作が登場!
richard_mille_bubba_watson_a.jpg第76回マスターズ・トーナメントで、RICHARD MILLE(リシャール・ミル)のファミリーであるバッバ・ワトソン(米国、33歳)が、自身のモデル『RM038 トゥールビヨン』をつけて初優勝しました。


(写真は、マスターズ・トーナメントでのバッバ・ワトソン)
第76回マスターズ・トーナメントは、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルゴルフクラブで開催されました。最終日はプレーオフにまで至る大混戦の末、バッバ・ワトソンがルイ・オイストハウゼンを抑えて初のメジャータイトルを獲得しました。その際につけていた時計が、リシャール・ミルの『RM038 トゥールビヨン』です。彼のためにデザインされており、彼が装着してプレーすることにより、時計の技術やパフォーマンスの高さ、フルスウィングにも持ちこた える超耐久性を証明しています。



richard_mille_bubba_watson_b.jpg最終日、プレーオフにまで至る大混戦を勝ち抜いたバッバ・ワトソン。



『RM038 トゥールビヨン』は「軽さ」「超耐衝撃性」「付け心地のよさ」の3つの特別な要素を持っています。これらの要素によって、試合中のプロゴルフプレーヤーの腕上でも快適に作動します。



richard_mille_bubba_watson_RM038_c.jpgバッバ・ワトソンが試合中装着していた『RM038』。
プロゴルファーのフルスウィングにも持ちこたえる超耐久性を誇ります。



ケースには、非常に丈夫でしかも軽いマグネシウムWE54と呼ばれる素材が使われています。合金の割合は、マグネシウム89%、イットリウム6%、レアアース5%。この素材を、デリケートに、時間をかけて成形したのち、「ミアロックス」と呼ばれる特別な酸化プラズマ加工処理を施します。この処理によって耐久性、耐損傷性、付け心地が向上し、腐食防止の効能も発揮します。
搭載されている『キャリバーRM038』の地板、ブリッジ、テンプ受けはグレード5のチタン製であるため、輪列のスムーズな作動に不可欠な高い剛性と完璧な平面性を保証しています。さらに、主ゼンマイの張り付き現象を大幅に減少させ、性能を向上させる高速回転バレルが装備されています。


【『RM038 トゥールビヨン』概要】

 キャリバー RM038:手巻き トゥールビヨン、時 分 表示
 ケース:トノー型、リミテッドエディションナンバー入り
      酸化プラズマ加工処理「ミアロックス」を施したWE54素材
 サイズ:48mm×39.70mm×12.80mm
 価格:4735万5000円(税込)




そして今年3月、リシャール・ミルはバーゼル ワールド期間中に、新たなモデル『RM055 バッバ・ワトソン』を発表しました。500Gを超える加速に耐えることができるこの時計は、超複雑機構、革新的アイデア、スポーティで洗練されたデザイン、スイス高級時計の伝統ある手仕上げの技術、全てを総動員した『RM038 トゥールビヨン』のアイデンティティを引き継いでいます。
新作『RM 055 バッバ・ワトソン』は、2011年に発表した『トゥールビヨンRM 038 バッバ・ワトソン』のコンセプトから着想を得ました。チタン(グレード5)製手巻きムーブメントの地板にはパヴェダイヤモンド、ブリッジにはタイタリット 処理を施し、極限のスケルトンに。この組み合わせは、輪列のスムーズな作動に不可欠な高い剛性と完璧な平面性をムーブメントの構造に与えます。その結果、 「キャリバーRMUL2」は500Gを超える加速にも耐えることが可能です。



richard_mille_bubba_watson_RM055_e.jpgダイヤに次ぐ堅い素材の一つとして知られるATZをケースに使用しています。



 
ムーブメントに装備された可変慣性フリースプラング・テンプは、衝撃を受けた場合やムーブメントの組み立てと分解の際により高い信頼性を発揮。また長期間 にわたり正確な計時精度を保証。緩急針の代わりにバランスホイールに4個の調整ウェイトを配したため、慣性を繰り返し正確に調整することが可能です。ダブ ルバレルは、トルクの安定性を長期間わたり保証します。バレルの回転数を増やすことによって、歯車の歯、ベアリング、軸受にかかる圧力と摩擦が軽減され、 性能が大幅に向上しました。ケースとムーブメントは、異なるサイズのスプラインネジを使って組み立てられます。このネジは、アセンブリーの際にネジの締め付けトルクを最適に制御。そのため、度重なる組み立てや分解にも影響されずに長寿命を保ちます。
ケー スは、スポーツマンの意向に応える形で特別に制作されました。ATZ製のベゼルは、2000バールの高圧で射出された酸化アルミニウム・パウダー・チュー ブ製。この高圧射出によって素材の硬度が20〜30%増し、また多孔性が最大限に緩和されます。ATZは優れたひっかき抵抗(1400ビッカース)に加 え、変色しないことで知られており、ダイヤに次ぐ硬い素材の一つとみなされています。ダイヤモンド工具を使った長時間にわたる困難な機械加工により、マッ ト仕上げの非常に複雑な形状のベゼルを作り上げられます。



richard_mille_bubba_watson_RM055_d.jpg写真は『RM055 バッバ・ワトソン』の「キャリバーRMUL2」。



ミドルケースと裏蓋は、ホワイトラバーを表面に高圧で吹き付けたチタン(グレード5)製。このエラストマーは振動を吸収してムーブメントを保護するほか、最高の着け心地をもたらします。
『RM 038 バッバ・ワトソン』のコンセプトを踏襲した『RM 055』は、高度な技術を結集した新機軸のスポーツ・ウォッチで、仕上げはオート・オルロジュリーの伝統にならい、全て手作業で行われています。


【『RM055 バッバ・ワトソン』概要】
 キャリバー RMUL2:手巻き スケルトンムーヴメント、時 分 秒表示
 ケース:トノー型、ATZ製ベゼル、
     ホワイトラバー加工 グレード5チタンミドルケース&裏蓋
 サイズ:49.9mm×42.70mm×13.05mm
 価格:850万5000円(税込)
   発売時期:年内発売予定


 【問】リシャールミルジャパン tel:03-5807-8162
 URL:http://www.richardmille.jp/


■関連記事
【バーゼル2012新作情報】パテック フィリップが『5204モデル』を発表!
【SIHH2012新作情報】ヴァン クリーフ&アーペルから 『バル ド レジャンド ―伝説の舞踏会―』が登場!
ルイ・ヴィトンが『タンブール ミニッツリピーター』の製造工程を動画で公開