アスキー・メディアワークスより、文庫「僕と彼女のゲーム戦争」第3巻が5月10日に発売される。

同作品は、師走トオルさんによるライトノベル作品で、価格は578円。

僕と彼女のゲーム戦争
主人公・岸嶺健吾は、最近まで女子校だった高校に転入し、周囲が女子ばかりのハーレムな環境となったが、彼は人付き合いが苦手で、静かに暮らしていた。

しかし、ひょんな事から強引に現代遊戯部、いわゆるゲーム部に参加させられる事になり、波乱万丈な生活が始まるのだった。

第3巻で、現代遊戯部は杉鹿まどかの加入によりの4人メンバーを揃える事ができた、夢への第一歩を踏み出す事ができるようになった彼らは、ジャパン・ゲーム・バトル・チャンピオンシップが開催される会場へと向かった…。

【記事:フェイトちゃん】

▼外部リンク
僕と彼女のゲーム戦争3
僕と彼女のゲーム戦争3 (電撃文庫) [文庫]