(株)ニップコーポレーションは、壁紙・石膏ボードの破損をがっちりガードする「NIPコーナープロテクター」の新商品を、このほど発売した。
「NIPコーナープロテクター」は、昨年から透明タイプ(ポリカーポネート製)が発売されているが、透明基材なので、壁紙や塗装の上から取り付けても下地の意匠を損なわないことなどの特長を有し好評である。今回新発売された商品は、天然木片チップ20%含有(樹脂混合)タイプで、取り付け・サイズカット調整簡単な両面テープ付き。この木片チップ含有材は再資源化技術により環境対応商品となっている。温もりのある木目風3色(ダークブラウン、ブラウン、アイボリーホワイト)から選べる。規格はW35mm×D35mm1800mm、厚み5mm(5mm巾両面テープ付き)。定価は2000円/本(税別)。

同社では、今回の新商品を2月の国際ホテルレストランショーに参考出品、ホテルや旅館、さらに介護施設や保育園など出隅の破損に困っている施設関係者に訴求した。現状ではキャリーバックやワゴン車、子どもの遊び、ペットなどにより、柱や廊下の出隅の多くが破損しているケースが多いとのことで、それを防止するものとして好評だった。