肉片、骨、血管...、ちょいグロフォント(写真ギャラリーあり)

写真拡大


AもBもCも一皮剥けば、肉と骨が...。

オーストラリアのアーティスト、アンドレアス・シャアイガー(Andreas Scheiger)さん作のこのフォントLiving Word。まさに生きてる文字ですね。血肉わき踊るような文字です。デザインにとって文字は生きている大切な存在、それを思い知らされますね。タイポグラフィーって偉大ですよ。
それにしても、まるで解剖模型のようなフォントの置物。お部屋に飾ればなんとも言えない存在感。うん、嫌いじゃないわ。

 
[Grafiches Labor via Buzzfeed]

そうこ(MARIO AGUILAR 米版