【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ケルナグール」

写真拡大

格闘ゲームRPG!

(画像:YouTubeより)
©NAMCO
©GAME STUDIO

「ケルナグール」は1989年にナムコからリリースされた格闘アクションRPGです。

本作は基本は対戦型格闘ゲームなのですが、特徴としてグラフィックのパターンが1種類しか無く、全て色違いのみでキャラクターの区別をしています。逆に言えばそれによってかなり詳細で滑らかなグラフィックを再現が出来ていたと言えます。

そのため対戦型格闘ゲームとして見たとしたら、見た目は少々地味ですが熱くなれる内容だったと思われます。

ちなみにおまけのPRGモードですが(恐らく殆どのプレイヤーがおまけのRPGモードを中心に遊んでいたと考えられますが)、主人公が全国各地を回り、修行寺や仙人から技を習いパワーアップしていくという内容です。実は随所にファイナルファンタジーやドラゴンクエスト等のパロディが満載となっており、ギャグ要素も高いのですが極めて良く考えられたゲームシステムになっています。

※特に「さんぞく」を倒すと必ずHPが上昇するという設定になっていました。
ケルナグール


1989年前後のナムコのゲームではおまけのRPGモードが流行っていました。「プロテニス ワールドコート」「ファイナルラップツイン」 等のおまけRPGモードがかなり面白かったです。

しかしながらスポーツ系ゲームをRPGにリンクさせ、しかもおまけゲームの方がむしろ面白かったというナムコのセンスは流石です。


【ライター:清水サーシャ】