【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「消えたプリンセス」

写真拡大

富田靖子さんが可愛い!

(画像:YouTubeより)
©イマニジア

「消えたプリンセス」は1986年にイマニジアからファミリーコンピュータ版としてリリースされたアドベンチャーゲームです。

ゲーム内容は主人公の刑事小林もんた、来日中だったラビア国王女キララが行方不明となった事件及び王位継承の証「五種の神器」の捜索を30日以内に行うというストーリーになっています。

そのために5つの町や地下迷路を捜索し、謎を解決するという流れですがその謎が殆どノーヒントとなっており、謎解きというにはあまりにも不条理な展開となっていたため当時のゲーマーはかなり苦しめられました。

※それがまた面白いんですけどね!

本作で特徴的なのは「ドラマ付きカセットテープ」等が付属していたことです。特にカセットテープ内のドラマは現在で言うところの「ドラマCD」の先駆け的なものでもあり、岩田光央さんや鈴木れい子さん、今は亡きはせさん治さんが出演なされていました。

※富田靖子さんの主題歌も聴けたりします。
消えたプリンセスのエンディング


ちなみに本作に出演している富田靖子さん、当時はアイドル的な人気を博していました(「アイコ16歳」「さびしんぼう」等で特に有名でした)。当時から演技力を評価されていましたが、その後「南京の基督」で大胆な裸体を披露する等実力派女優として大きく成長しています。

現在は女優業と合わせて素敵なお母さんとしても活躍する彼女、「消えたプリンセス」の話を伺ってみたいですね!


【ライター:清水サーシャ】