<フライ級/5分3R>
ジョン・ドッドソン(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、29-28
ティム・エリオット(米国)

 サウスポーの構えのドッドソンに、左のサイドキック、後回し蹴りを見せるエリオット。ジャンピングキックで応えたドッドソンは、左ハイにテイクダウンを合せられるも、素早い動きで距離を取り直す。

 距離を詰めて左ミドルを決めたドッドソンは、頭を下げて前に出て来るエリオットの荒いパンチにやや手こずりながら、得意の左を繰り出していく。エリオットも遠い間合いから、思い切り伸ばす左はスピードに乗っている。

 その左に右フックを引っ掛けるドッドソン、右から左とコンビネーションを見せ、蹴り足を掴んでテイクダウンへ。十字狙いにスクッと立ち上がったドッドソンは、時折り左を受けるもペースが乱れることはない。

 と、ドッドソンの指が目に入ったとエリオットがインターバルを要求。肩で息をしていたため、時間稼ぎという見方をされブーイングを受ける。再開後、勢いよく右から左を放って行くエリオットに、ドッドソンの左がヒット。変則的な蹴りを繰り返すエリオットだが、正攻法ではドッドソンに分がある初回だった。

 2R、左目を気にしたままのエリオットは、蹴りでバランスを崩すと前転を見せ、側転からシングルに移るなど、いよいよ奇怪な動きを見せる。それでいて、狙いはサウスポーからの左ストレート一本、蹴りを放つ時はオーソドックスに構えるという分かりやすさ故、ドッドソンを捉えることはできない。

 右ジャブでエリオットを制するドッドソン、真っ直ぐ下がるシーンもあるが、ほぼ距離を制している。右に回りながら、右ジャブ、さらに左ストレートを伸ばし、ヒザ蹴りも見せるドッドソンをエリオットは掴まえることができない。

 それでも前に出てシングルを狙い続けるエリオットが、ついに右足をキャッチすると、今度はドッドソンが前転してエスケープを計る。と、ドッドソンの右の拳が股間に入り、エリオットは再びインターバルを要求する。

 残り45秒から試合が再開すると、ここでもエリオットがスピードを上げたが、ドッドソンはダブルレッグダイブでテイクダウンを奪う。すぐに立ち上がったエリオットは、ヒザ蹴りを二発顔面に突き上げるなど、粘りを見せて試合は最終3Rへ。

 バランスを崩そうが、前にでて左を伸ばすエリオット、右に回って左を打ち込むドッドソンはエルボーも織り交ぜて戦う。リーチの差をもろともせず、左インサイドローを蹴り込むドッドソンに対し、エリオットの攻撃は遠い間合いから飛び込む左に限定された感がある。

 エリオットの左をスリッピングでかわして、パンチを入れるドッドソンは、ラウンド中盤でテイクダウンを試みるも、失敗。やや動きが遅くなったドッドソンだがエリオットも口を開けて戦っている。ヒザをボディに受けて、やや体を固くしたエリオット。ここに来てのボディはキツイか。

 残り1分、右を伸ばしたエリオットの続く左がドッドソンの顔面を捉え、蹴り足を掴んでパンチを連続で打ち込んでいく。再び、ドッドソンの左ミドルをキャッチし、思い切り左を叩きこんだエリオットに、ドッドソンのパンチの軌道も荒く大きくなる。最後まで変則的な動きで、ドッドソンに対抗したエリオットだが、ジャッジの裁定は3者とも29-28でドッドソンを支持した。