知れば知るほど面白くなる! 『Fate/Zero』用語集

写真拡大

 2011年秋にTVアニメで1stシーズンが放送され、2012年4月から待望の2ndシーズンがスタートした『Fate/Zero(フェイト/ゼロ)』。

放送開始早々から壮絶なバトルが描かれ、物語はますますヒートアップしている。

独特の世界観を持つ作品だけに専門用語が盛りだくさんだが、基礎知識さえおさえれば理解できたときの面白さもひとしお! そこで、2ndシーズンをより楽しむ上で押さえておきたい用語をまとめてみた。

[初級編] まずはストーリーの前提となる基礎知識から。

これだけは頭に入れておこう!■聖杯戦争(せいはいせんそう) 手に入れた者の願いをかなえるという「聖杯」を巡るバトルロイヤル形式の戦い。

60年に一度、日本の冬木(ふゆき)市を舞台に行われる。

『Fate/Zero』は4回目の聖杯戦争が描かれた物語だ。

戦いは「マスター」と「サーヴァント」がペアになり、全7陣営で争うというもの。

勝利条件はほかのサーヴァントをすべて倒すこと。

最後まで生き残った陣営には聖杯が与えられるというが……!?■マスターとサーヴァント マスターは聖杯に選ばれた、聖杯戦争への参加資格を持つ魔術師。

サーヴァント(英霊)を召喚してほかの陣営と戦う。

「英霊」とは、あらゆる時代の偉人や神話の英雄のことで、セイバー(剣の騎士)、アーチャー(弓の騎士)、ランサー(槍の騎士)、ライダー(騎乗兵)、キャスター(魔術師)、バーサーカー(狂戦士)、アサシン(暗殺者)の7つのクラス(器)に分かれている。

基本的にサーヴァントはマスターの命令に従い戦うが、そうではない場合も……。

なおサーヴァントたちは過去の偉人ではあるが、召喚される際に聖杯から現代の基礎的な情報や聖杯戦争に関する知識を与えられているため、すぐに自分の状況を把握し現代の生活になじむことができる。

もちろん日本語も達者だ。

■令呪(れいじゅ) マスターの手の甲に現れる、聖杯戦争への参加資格を証明する文様。

令呪の力を使うと、サーヴァントに3回だけ強制命令を行うことができる。

どう使うかはマスター次第! また、令呪は陣営ごとに異なるデザインになっているので、注目してみよう![上級編] サーヴァントは「宝具(ほうぐ)」と呼ばれる強力な武器や能力を使って戦う。

息を飲むほどカッコイイ宝具使用シーンは必見! ここからは7人のサーヴァントたちの宝具の一部を紹介しよう。

■約束された勝利の剣(エクスカリバー) セイバー(アーサー・ペンドラゴン)の宝具。

強力な力を持った聖剣で、セイバーの切り札。

普段は風王結界(インビジブル・エア)という風の結界で包まれていて目に見えない。

これによって、相手に武器の間合いを測らせないというアドバンテージを得られる。

■王の軍勢(アイオニオン・ヘタイロイ) ライダー(イスカンダル)の宝具。

生前、ともに戦った伝説の勇者たちで、固有結界内に召喚される。

彼らは英霊になってもなお征服王イスカンダルに仕えており、数万の軍勢で敵を圧倒する。

■必滅の黄薔薇(ゲイ・ボウ)/ 破魔の紅薔薇(ゲイ・ジャルグ) 「必滅の黄薔薇(ゲイ・ボウ)」は、生前、ケルト神話の騎士として活躍したランサー(ディルムッド・オディナ)の宝具で、左手に持つ黄色い短槍。

再生不可能な傷を負わせることができる呪いの槍であり、セイバーの手に傷をつけた。

この呪いを解くために、ランサーは「ゲイ・ボウ」を破壊した。

右手の赤い長槍は「破魔の紅薔薇(ゲイ・ジャルグ) 」。

刃が触れた対象の魔力効果を打ち消すため、セイバーの風王結界を削った。

■王の財宝(ゲート・オブ・バビロン) アーチャー(ギルガメッシュ)の宝具。

バビロニアの宝物庫につながっている。