東京ソラマチ®に明治のチョコカフェ 初の土産グッズを販売

写真拡大

 明治のプロデュースするチョコレートをコンセプトにしたカフェ「100%チョコレートカフェ」が、5月22日に「東京スカイツリータウン®」内の複合商業施設「東京ソラマチ®」にオープンする。果汁たっぷりのフルーツとチョコレートを混ぜて楽しむドリンク「まぜまぜフローズン」や、北海道産ホワイトチョコレートを使用した「100%チョコソフトクリーム」など、新店舗限定となるフードメニューをはじめ、「100%チョコレートカフェ」初となる"賞味期限が無い"土産に最適なデザイン雑貨をラインナップする。 東京ソラマチに「100%チョコレートカフェ」の画像を拡大

 「100%チョコレートカフェ」は、2004年12月に明治が東京・京橋に1号店を開店。約8年ぶりの出店となる「100%チョコレートカフェ 東京スカイツリータウン・ソラマチ店」は、インテリアデザイナー片山正通がショップのデザインを担当している。「チョコレートワンダーランド」をテーマに店内中央に配置したオープンキッチンから、毎日できたてのチョコレートメニューを販売する他、初の試みとしてテイクアウトコーナーを設置。店内に用意された41席と、ショップの目の前に広がる見晴らしの良い広場を利用して、様々なチョコレートメニューを楽しむことができる。フレッシュチョコレートを使用した定番人気の「チョコロネ」や、日本人の嗜好に合わせて開発された「チョコレートドリンク」、看板商品「56種類のチョコレート」のスペシャリテ「634/太陽のショコラ」を発売。また、チョコレートのタブレットに「東京スカイツリー®」のデザインをモチーフとする文字を配したチョコレート「タブレター」や、「オリジナルチャーム」、「ミニノート」など、多数の土産品をラインナップ。日本の新名所となる「東京ソラマチ®」に出店することで、国内をはじめ、海外から訪れる観光客に日本のチョコレートの魅力を発信していく。 東京スカイツリーのお膝元「東京ソラマチ®」には、飲食店をセットにしたアパレルブランドの新業態が目立っている。ビームスは、飲食と雑貨販売からなる「Lemson's(レムソンズ)」の2号店を出店。ギフトや土産をテーマとした「Samantha Thavasa Anniversary(サマンサタバサ アニバーサリー)」はカフェスペース「Celebrity Cafe(セレブリティ カフェ)」、「BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ)」はブランド初となるコーヒーショップを併設する。その他、若槻千夏が手がける「w♥c(ダブルシー)」は、「じゃがりこ」「ベビースターラーメン」などスナック菓子を目玉として販売する予定だ。■100%チョコレートカフェ URL:http://www.meiji.co.jp/sweets/choco-cafe/