『ニコニコ動画:Zero』の新プレーヤーがユーザーからのフィードバックが反映され改善 コメント入力欄の位置を変更可能に

写真拡大




先日ガジェット通信でもお伝えした『ニコニコ動画:Zero』の新プレイヤー『ZeroWatch』だが、パフォーマンスの悪さとその他使い勝手が悪いなど、数多くの改善要望が寄せられていた件をお伝えした(下記記事参照)。

「動画説明を常に見ることができない」「コメント入力欄が動画中央に来て邪魔」など改善要望が出され、早速開発者がそれらを修正したようだ。どこがどのように変わったのかを見ていきたいと思う。

変更された中で大きく目立った箇所では以下の4点。
・動画説明を常に表示出来るようになった。
・コメント入力欄が下に設定できるようになった。
・タグに『ニコニコ大百科』を表示
・原宿バージョンに戻すボタン


これら上2件はプレイヤーの設定(歯車アイコン)から設定可能となっている。まずは動画説明を常に表示させる方法だが、こちらは設定画面を開き、「その他」タブを開く、そこにある「常に動画説明を表示」にチェックを入れることにより動画説明を常に表示させることが可能となっている。


次にコメント表示箇所に関してだが、「コメント入力」タブを選択し「常にコメント入力フォームをプレーヤー下に表示」にチェックを入れることにより動画の下にコメント入力欄が表示されるようになる。元に戻したい場合はチェックを外せばよい。


更に原宿バージョンに戻す方法がわからないという人も多いことから、動画再生画面の下に「原宿バージョンに戻す」というボタンが設置された。まだまだ改善の余地はあるが、かなり使い心地は良くなった新プレイヤー『ZeroWatch』。その他パフォーマンスも改善されたらしく、動画上のコメント描画処理のフレームレートを自動調整する仕様や、コメントパネルのスクロール処理を高速化など細かな点がいくつか修正されている。

要望としては横幅が大きい、勝手に表示される再生プレイヤーメニューが邪魔、埋め込みタグが見つからないなど、まだまだユーザーからは要望が挙がっているが、今回の対応を見るとこれらの要望も近い内に実現の可能性はありそうだ。

『ニコニコ動画:Zero』の新プレーヤーにクレーム殺到 「過去最悪の改悪」「強制移行だけは勘弁」


※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。