「ちょっと君、スマホの色見せて」なんてことも?

写真拡大

新入社員の3人に1人が、3年以内に辞めてしまう――。そんなご時勢といえばそれまでだが、残って働く人の割合を高めたいのが採用担当者のホンネだ。

離職率が高まれば、採用・育成コストのロスもバカにならない。各社では会社とのミスマッチを起こさない人材探しに、さまざまな工夫をしている。2ちゃんねるには「就職の面接で『嫌いな色は?』って聞かれたら要注意だぞ」というスレッドが立っている。

色の好みによって「協調性」が分かってしまう?

就職面接では多角的な質問で人材を見極めたいが、意外な内容が「不適切な質問」とされる。本籍地や住所、家族構成のほか、「座右の銘」や「購読している新聞」なども、仕事には関係のない思想信条に関することとして、質問に含めるべきではないとされている。

学生から「その質問は不適切です」と反論されたり、就活掲示板に「購読新聞を聞いたA社はブラック確定」と書かれてしまうので、採用担当者も神経質にならざるをえない。

「嫌いな色は?」とは、消去法によって残った質問だろうか。仕事には関係ないが政治色もないので、疑問を抱かれることもなさそうだ。

ところが、2ちゃんねるの書き込みによると「嫌いな色の多さ」は「嫌いな人の多さのバロメーター」として見られるらしい。真偽のほどは分からないが、もしそうだとすれば、協調性を重視する日本企業において重要な指標ということになる。

スレッドには、どういう答えなら問題が起きないか、知恵を絞る書き込みが見られる。

「白…ですかね。今の俺には眩しすぎる」
「ブラックが嫌いです」

ブラックが嫌いというのは、低賃金・長時間労働のいわゆる「ブラック企業」が嫌いという意味だろう。中には「無色」と答える人もいた。「無職」がイヤなので御社で雇ってほしい、という掛け言葉だろうか。

質問が「好きな色」でも油断は禁物だ

とはいえ、嫌いな色を積極的に主張したい人は、そんなに多くない。そういうときには、

「好きな色はたくさんありますが、嫌いな色は特にありません」
「私の好きな色は○○です。なぜなら…」

と答えればいいというアドバイスもあった。

「大事なのは答え(色の種類)ではなく根拠」だから、何色と答えようが構わないという人も。しかし、好きな色を答えただけで勝手に判断されるなら慎重にならざるをえない。

あるカラーセラピー診断のサイトによると、好きな色に「赤」を選んだ人は、「火のように情熱的で、夢中になれるものがあると、寝る時間も惜しむほど没頭するパワーがある」という。会社にとっては願ってもない人材だ。

一方「ゴールド」が好きという人は「華やかな場」を求めるが、与えられないと「場を与えられている人に嫉妬したり、強い競争心が芽生えたり、わがままになったりする」という。やっかいな人材なので採用は遠慮したい、と言われそうだ。

結局、ホンネはともかく「赤が好き」あたりが無難なようだが、面接官のネクタイが青だったときにはどうするかなど、臨機応変の対応も必要かもしれない。