「るろうに剣心」ジャンプスクエアで新シリーズ開始

写真拡大

 1994年から1999年に『週刊少年ジャンプ』で連載され、コミックス累計5400万部以上の超人気漫画作品「るろうに剣心―明治剣客浪漫譚―」(和月和宏/作)が、ついに再始動することが分かった。

 5月2日発売の『ジャンプスクエア 6月号』(集英社)にて「るろうに剣心―キネマ版―」としてシリーズ連載がスタートする。
 この「―キネマ版―」は一から剣心の物語を紡ぎだす、作者自身によるセルフリメイクともいえるような作品となっているという。今年8月に佐藤健さん主演による実写映画版の公開が予定されている「るろうに剣心」。その期待が高まる最中のこの新シリーズ開始は、ファンにとって嬉しい報せだろう。
 6月には新作アニメ(後編)の公開、8月の実写映画化、そして新シリーズスタートと90年代後半を席巻した「るろうに剣心」旋風がまた起こりはじめている。さらに、とじこみ付録には「るろうに剣心―総天然色画集―」と題したA5サイズカラー16ページのブックインブックがついてくる。ファンならば必ずゲットしたいところだ。

 また、コミックス最新刊を同日発売する「GATE 7」(CLAMP/作)や新連載3話目となる「あだしもの」(山本久美子/作)ほか4作品がセンターカラーのほか、強力連載陣も負けてはいない。
 緋村剣心が表紙を飾る『ジャンプスクエア 6月号』は5月2日発売だ。
(新刊JP編集部)



【関連記事】 元記事はこちら
『ジャンプ改』“正式”に新創刊! 「シャーマンキング」の新シリーズも開始
『別冊マーガレット』から新しいマンガ誌が誕生 さよならポニーテールとコラボも
気鋭の漫画家が描くツンデレなアンドロイド少女
マンガは今や日本の教養