「少し前まで絶賛だったのに」ボクシング専門誌が“亀田バッシング”を解禁した裏事情とは

写真拡大

「闘志みえぬ戦いのすえに凡戦」

 4月4日に4度目の防衛に成功したWBA世界バンタム級チャンピオン、亀田興毅についてボクシング専門誌が厳しく批判した。

 前述の見出しを付けて痛烈に批判した「ボクシング・マガジン」(ベースボール・マガジン社)5月号では、「まったくといっていいほど、緊張感のない試合だった」「レベルの低い世界戦に見えた」「世界王者としての評価が下がっている」とボロクソだ。

 実際、ボクシングファンの多くが亀田の試合については批判的で、ネット上でも同様の厳しい声は多いのだが、「専門誌の批判には違和感を覚える」というのは都内の老舗ジム会長だ。

「弱い対戦相手を連れてきてあのザマだから批判はいいけど、それを言うなら誰とは言わないけど、ほかにもひどいチャンピオンの試合はある。でも、ジムの広告をもらっていたりするから、そっちは絶対に叩かない。亀田と同じ興行に出た清水智信だってKO負けしているのに、優しい記事だった。だいたい専門誌が亀田を叩きだしたのは最近の話で、少し前までは絶賛していたんだよ」

 確かに過去、専門誌では亀田兄弟に対してここまで厳しい批評はほとんどなく、急に論調が変わった印象だが、その理由を同会長は「大手・帝拳ジムへのゴマスリ」だという。

「亀田戦の2日後に帝拳の世界戦興行があって、興行戦争になっていたから。この業界で帝拳ジムといえば天皇みたいな存在、誰ひとり歯向かえない。でも、テレビの視聴率で亀田は14.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で時間帯トップだったけど、帝拳の方は8.9%。数字で負けているから、内容で勝ったように強調したかったんだろう」

 また会長は、“執筆者にも注目しろ”と話を続ける。

「亀田の批判記事を書いたのは、業界歴の浅い女性ライター。記事を読むと“(亀田は)どうして終始下がりながら戦ったのだろうか”と疑問を平気で書いているが、それを取材して答えを書くのが記者。試合見た感想を書くだけで取材力がない若い奴を担当させているのも、意図的に叩かなきゃいけなかったからじゃないの?」

 こう話した会長は、あるネット日記の画面を印刷した紙を差し出した。そこには帝拳ジムの女性マネジャーを批判するような内容が書かれていたのだが、「これを書いたのは、その専門誌で帝拳のチャンピオン・粟生隆寛の試合を“文句なし!”って絶賛している記者」なのだという。

「陰口はネットで書いているんだから、要するに本音と建前は別ってことさ。専門誌なんてのも、信用できないのがボクシング界だよ。出版社の経営もかなり厳しいと聞くし、長いものには巻かれて、嫌われ者は叩いて読者に媚びてんじゃない?」(同)

 ボクシングといえば弱肉強食のスポーツだが、ジムとマスコミとの力関係にも同様の構図があるということか。
(文=林)

※画像は亀田興毅オフィシャルブログより