【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「チャンピオンシップロードランナー」

写真拡大

初心者お断り!

(画像:YouTubeより)
©HUDSON SOFT

「チャンピオンシップロードランナー」は1985年にハドソンソフトからファミリーコンピュータ版としてリリースされたパズルゲームです。

※ちなみに本作は1984年にリリースされた「ロードランナー」の続編に該当し、その難易度は初心者を完全に切り捨てたものになっています。

基本的なゲーム内容自体は「ロードランナー」とほぼ同じですが、画面が前作の2倍程度の広さになっており、攻略方法を逆算してプレイしないとクリアは困難と思われます。

1985年当時、本作全50面をクリアしたプレイヤーに対してハドソンソフトは認定証の交付を行っていました。これは当時のゲームファンのステータスになっていました。
チャンピオンシップロードランナー1〜15面


個人的な見解を述べさせていただきますと「ロードランナー」というゲーム自体がこの時点でパズルゲームの完成形の一つだと考え、ここから先にあるものは、プレイヤー間による「ロードランナー」の自作面の構築にあるのでは?と考えています。

※逆に言えば新作ロードランナーのステージが構築出来さえすれば、半永久的に遊べてしまうと言う事です。

残念ながらファミリーコンピュータ版「チャンピオンシップロードランナー」にはエディットモードが付属されていませんが、後にリリースされている「ロードランナー」にはエディットモードが付属されているものもあります。

「ロードランナー」シリーズほどエディットモードが似合うゲームは無いと確信しています。


【ライター:清水サーシャ】