ムンクの『叫び』誰が落札するのか?

写真拡大

ムンクの代表作『叫び』が5月2日、ニューヨークのサザビーズで競売にかけられることになりました。サザビーズは世界最古の国際競売会社。1744年にロンドンで設立されましたが、現在はアメリカの会社になっています。

ムンクの『叫び』は4作品あり、うち3作品はノルウェイの美術館に所蔵されています。今回の競売にかけられるものは個人所有のものなので、一般公開はほぼなしであったと言われ、そのため“幻の一枚”と呼ばれているようです。

※画像の『叫び』は今回の競売にかけられる作品とは異なりますが、ほぼ同じような構図の作品が競売にかけられます

4月27日付けUS Newsの記事によりますと
カタールやアブダビ、または中国政府が北京に“世界規模”の美術館設立を切望しているのであれば、代表的な作品獲得を考えるでしょう。カタールなどは『叫び』買収の最有力候補です。カタールは今年の前半で既にセザンヌの『カードプレイヤー』を過去の最高額250万ドルで落札しています。

……とあり、また記事には「『中国人の“億万長者富裕層”の増加により、中国人が芸術作品を落札していくのを見ています』とロングアイランド大学の准教授がメールで情報提供しています」とも書かれています。

バブルの時代には日本企業や、日本人の会社経営者などがゴッホ、ルノアールを落札していったものですが、時代は変わりました。中東には石油がありますから潤うのはわかりますが、中国人が美術品を買収するようになるとは改めて驚きです。

サザビーズによりますと、この『叫び』の落札価格は8000万ドルで、日本円にして60億円を超えるのではないかと予想しているそうです。確かに有名な作品ではありますが、どうも見ていて精神が落ち着かないですね。近代美術館(The Museum of Modern Art)にはムンク作品が一点展示されていますが、その一点だけで私などは「もう結構です」と言いたくなります。ノルウェイのムンク美術館に行った友人の話によりますと、あの画風の絵をずっと見ていて、美術館を出るときはめまいがしそうだったとのこと。

このノルウェイ人画家ムンクの『叫び』を一体だれが、いくらで落札するか、絵自体には興味はないのですが、絵の行く先には興味があるのです。

画像:『frickr from YAHOO!』GB-51473 Munch
http://www.flickr.com/photos/25262409@N03/2977322293/in/photostream/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「あおぞら」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?