シェイクスピアの名作『ロミオとジュリエット』・『ハムレット』が大胆にも一つの世界に!?

写真拡大




ウィリアム・シェイクスピアの名作、『ロミオとジュリエット』と『ハムレット』をご存知ですか? 『ロミオとジュリエット』はモンタギュー家とキャピュレット家の2人の若者が愛し合った結果起こる悲劇、『ハムレット』は王子ハムレットが、父を殺し王位を奪った叔父への復讐を果たす悲劇である。世界中で誰もが知っている不朽の名作である二つの作品が、一つの世界にアレンジされた!?

『ロミオとジュリエットのハムレット』は、シェイクスピアの『ハムレット』とはちょっと違う、ちょっとずれてる、なんだか笑えちゃう恋に浮かれたロミオとジュリエットだけの物語。

稽古場風景
脚本は舞台、テレビ、ラジオと幅広く活動、不条理な世界観の天才といわれる劇作家ブルースカイ。そして、構成、演出には『ONアベックホームラン』や『男子はだまってなさいよ!』など舞台やテレビ、映画のみならず音楽活動も行い、ジャンルにこだわらず精力的に活動する俳優の大堀こういち。主演のロミオとハムレットの2役を演じるのは『君へのメロディー』や『恋する私のベーカリー』など舞台、映画で活躍する若手俳優・佐藤永典。ジュリエット役には「第2回夏のお嬢さんコンテスト」でグランプリを獲得、ドラマ、バラエティと活躍する堀越のり。その他、中村龍介、岩崎大、小林顕作、今奈良孝行ら演技派俳優陣に加え、注目の若手お笑いコンビ“うしろシティ“の金子学、阿諏訪泰義ら個性派キャストがそろっている。

誰にでも“わかる”シェイクスピアを!
誰にでも“笑える”シェイクスピアを!
誰にでも“悲しい”シェイクスピアを!
をキャッチコピーに作られた本作品。そんな稽古中のキャストよりコメントを頂いた。

●佐藤永典
皆さんが初めて見ても理解できて、笑えて、悲しくなれちゃう作品をお届けします! 個性あふれる変人の皆(良い意味で)でがんばりまーす! 観に来てね。

●堀越のり
ロミオとジュリエットとハムレットのイイところが、絶妙に混じり合って、楽しく観ているうちにシェイクスピアを知りつくせるかも?

●金子学(うしろシティ)
いろんな人の恋のお話です。私そのへんに全く絡んでません!

●阿諏訪泰義(うしろシティ)
初めての方も安心してご観劇下さい。笑いに溢れた悲劇。面白いよ!

●大堀こういち
普段は「俳優」をさせてもらってますが、今回は初めて「演出」という立場で参加させてもらいます。佐藤くんも初々しいですが私もかなり初々しいです。記念すべき作品をぜひ!

どんな舞台になるのでしょうか
『ロミオとジュリエットのハムレット』は、5月8日から13日まで、銀座博品館劇場で行わる。「重い悲劇は嫌だな……」という方や、「シェイクスピア知らない」という方にも気軽に楽しめる作品になっている。

公演概要
舞台『ロミオとジュリエットのハムレット』
【日程】5月8日(火)〜13日(日)
【場所】銀座博品館劇場
【原作】ウィリアム・シェイクスピア
【演出】大堀こういち
【脚本】ブルースカイ
【出演】佐藤永典、堀越のり/中村龍介、岩崎大、小林顕作、今奈良孝行
澤田育子、大堀こういち、健人、金子学(うしろシティ)阿諏訪泰義(うしろシティ)、皆本麻帆

あらすじ:
ノンシュガータイプの聖水をばっしゃばっしゃとロレンス神父にかけられる毎日を送るロミオはある日、ロレンス神父に読書感想文の提出として渡されていた「ハムレット」の本をおとしてしまい、美しいジュリエットに拾ってもらう。一目で恋に落ちたロミオは「なんとなく脈ありな気がする今のうちに」とジュリエットを口説き、やがて手に持っていたハムレットの話をはじめる……。