舞台は進化したワールド、新たな冒険の地へ――ドキワクが止まらない『キングダム ハーツ 3D』 (1) 今回はピュアな担当ぱぴいでレッツ冒険!

写真拡大

スクウェア・エニックスの『キングダム ハーツ』シリーズ最新作がニンテンドー3DS専用ソフト3月29日についに発売! 近頃18禁ホラー系タイトルばかりプレイしていた僕にとっては、とても眩しいタイトルとなりますが、久しぶりのプレイなる本シリーズ。

じっくりコトコトプレイしてみました♪『キングダム ハーツ』シリーズは、ディズニーとスクウェア・エニックスとのコラボレーションによって生み出された人気作品の1つ。

2002年に第1作目が登場し、これまで6作品をリリース。

全世界で累計1,700万本以上のヒットを記録している。

シリーズの大きな特徴といえばオリジナルキャラクターに加え、ディズニー作品と『ファイナルファンタジー』シリーズなどSQEX作品からゲストキャラクターが登場することだ。

人気キャラクターの夢の共演が楽しめるタイトルなのだ。

正直なところ、本シリーズは『キングダム ハーツ ファイナル ミックス』以降、プレイするタイミングを逃していたので、ストーリーについて行けるか少々不安だ。

しかし、ゲーム開始直後から、王様(ミッキー)や、ドナルド、グーフィーといったキャラクターが登場していてひと安心。

主人公のソラとリクはもちろん、オリジナルワールド「トラヴァースタウン」も登場(実際には閉ざされた「夢の世界」で、以前とは別ワールド)。

あっという間に当時を思い出し、本作の世界に入り込むことができた。

それでは、今回の目的をイェン・シッドから聞いたところで、「トラヴァースタウン」からスタート!まず操作を覚えるためのチュートリアルが始まるのだが、最初は覚えることが多く、なかなか大変。

さらに、今回の新要素である「フリーフローアクション」の素早い動きについていけません。

あっという間にどの敵&進むべき方向がわからなくなってしまった……のだが、戸惑ったのは最初だけ。

ゲームを進めて戦っているうち、このアクションが病みつきになってくる。

特に大きな敵を軸にグルグル回転する「ポールスピン」を行い、その流れで遠くに敵を投げ飛ばすアクション「ブロウオフ」が気持ちよい。

また、壁などをキックして、左右の壁をジグザグに落ちずに高速移動する「ウォールキック」や、レールやロープに乗るとその上を滑走したりする「レールスライド」がカッコイイ。

本作ではザコ敵が複数で襲いかかってくることが多いため、ヒット&アウェイでの攻撃をオススメ。

また、ポールなどを見つけたら、ポールを軸に横回転する「ポールスピン」から派生する攻撃「ターンカッター」などを使っていこう。

とにかく動きまくって集中攻撃を受けないことが、ゲーム攻略の重要なポイントだ。

そのほか、高い場所から落ちた際に便利なのが、「その場ウォールキック壁登り」(勝手に命名!)だ。

ジャンプしてウォールキックをしたら、再びジャンプ→ウォールキック→ジャンプ……という具合にアクションを行えば、回り道をしなくても真っ直ぐに上に突き進めることも多い。

難易度は高いが、道をショートカットしたり、宝箱を探したりする際には便利。

ぜひ実践していただきたい。

「ワンダニャン」可愛すぎ! 次ページでは本編そっちのけでスピリットの育成に勤しむ母・担当ぱぴいであった……続きを読む