【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「プーヤン」

写真拡大

牧歌的シューティングゲーム!

(画像:YouTubeより)
©KONAMI

「プーヤン」は1982年にコナミ株式会社からアーケード版としてリリースされたシューティングゲームです。

ゲームでは豚のお母さんが狼(正確には風船部分)を矢で射るという内容で、ゴンドラを動かしているのは豚のお子様という見た目は童話(3匹のこぶた、赤ずきんちゃん等)をモチーフとしているのにシューティングゲームとしてみると、かなりのハードコアな内容となっています。

※初期のシューティングゲームでゲーム内容だけでここまでストーリー性を感じさせるゲームは本作と1983年の「ゼビウス(ナムコ)」くらいだったと思われます。
Pooyan (Arcade)


1982年当時から「音のコナミ」というくらいコナミは特に音楽的な評判が高かったのですが、「プーヤン」の音楽は超高速のサウンドドライバーにより独特の音を作り出しています。

※特にピッコロ系の音が素晴らしかったです。

ちなみにファミコン版ではハード的に困難な音楽の再生をプログラム上の裏技を使用して再現したそうです。ファミコン版移植を担当したハドソンソフト、現在はそのコナミと合併しているのも何かの縁を感じます。


【ライター:清水サーシャ】