今週、ゲームは『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』『比翼恋理のだーりん』『シェルノサージュ』などが発売された。

映像作品は『偽物語 かれんビー(上)』『アクエリオンEVOL Vol.1』『生徒会役員共 OVA』、CDではスフィアの新譜や花澤香菜の1stシングルほかがリリース。

フィギュア&模型は「figma イカ娘」や「ねんどろいど 週刊はじめての初音ミク」「ねんどろいど ソニック」が各ショップにならび始めている。

カプコンから26日、プレイステーション 3ならびにXbox 360専用ソフト『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』が発売された。

プレイヤーはアンブレラ社の特殊工作部隊U.S.S.新デルタチーム「ウルフパック」の一員となり、おなじみのゾンビやクリーチャーほか、米政府の戦闘部隊「SPEC OPS」との三つ巴の戦いを繰り広げるTPS(サードパーソンシューター)。

レオンやクレアなども登場し、アンブレラ側の視点で描いた新たなラクーンシティのストーリーが堪能できる。

さらに「U.S.S.」「SPEC OPS」それぞれのチームに分かれて対戦が可能なオンライン対戦モードでは、最大8人同時プレイが可能となっている。

メーカー希望小売価格は各6,990円。

5pb.から26日、プレイステーション・ポータブル専用ソフト『STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん』が発売された。

前作のシリアス路線とは打って変わり、ラボメンたちとの日常&ラブコメディが描かれる想定厨×2ADV。

今作でも携帯電話の取り扱い(電話に出る・出ない、メールに返信する・しないなど)によって未来が変わるフォーントリガーシステムを搭載しており、あったかもしれないラボメンたちとのちょっぴりスイートな恋愛生活を楽しめる。

なお、初回限定版には「うーぱ」のイヤホンが同梱。

メーカー希望小売価格は初回限定版が8,190円、通常版が6,090円。

ガストから26日、PS Vita専用ソフト『シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩』が発売された。

同社の「サージュコンチェルト」シリーズ第一弾となる本作は、「本当に別次元の世界に住む女の子と端末を通したコミュニケーションが可能になったら?」がテーマ。

ヒロインのイオンと絆を深めていき、新たな世界の謎を解き明かしていくオンライン専用7次元コミュニケーションとなっている。

なお、AGENT PACKには、ジェノミライ最重要機密書類一式やイオンの音声記録ディスク、次元転換シール(デコレーションシール)が付属。

メーカー希望小売価格はAGENT PACKが7,140円、通常版が5,040円、ダウンロード版は4,200円。

スパイク・チュンソフトから26日、プレイステーション・ポータブル専用ソフト『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』が発売された。

主人公・弓削イツキが、危機に瀕する魔法世界グランバニアを救う”マレビト”として召喚され、大神殿の地下に広がる星屑の迷宮で世界を覆う邪悪なエネルギー”ケガレ”を浄化していくRPG。

ケガレ”を祓うことができるのはマレビトと、学園生活を通じて絆を深めた12星座の巫女との間に産まれる子供のみで、戦闘は主人公+子供の総勢13人で繰り広げられる。

メーカー希望小売価格は6,279円。