『ニコニコ動画』が音楽文化を救う?

写真拡大

違法ダウンロードの刑事罰化が現実味を帯びてきた、あるいはネットの配信ビジネスがほぼ行き詰まってしまった、はたまたオリコンデイリー3位の売り上げがたったの700枚……というような、気がつけば音楽業界にとって暗いニュースばかりになってしまいました。

原因や理由は、色んなことが言われております。2chなんかを眺めていると、「90年代は皆が買ってたから買ってただけで、音楽そのものに興味のある奴は昔からそんな多くなかった」という意見をチラホラ見かけるのですけど、割と的を得ていると思いました。80〜90年代は、生きていくよりどころとして“集団に対する依存心を持つこと”を社会通念として強要される環境が、音楽マーケットの売り上げにとても大きく影響していたと思うのです。80〜90年代にその社会通念に適応した人たちは、横のつながりを確認し合う需要を、同じ消費行動をとり合うことで満たしてきたのです。

2000年代に入って経済が衰退し始め、今まで容認されてきた集団の持つ非効率的なコストの部分が容認できないようになってきました。すると、やがて集団に依存しない自立した“個”が求められるようになり、“全体で横のつながりを確認し合う消費行動”が需要として縮小していく流れが生まれました。そんななか音楽業界は、ネット上の不正なコピーに対する対処の仕方を間違えたり、あるいはリーマンショックに見舞われたりして(あんまり関係ないか……)、色々な要素が交錯しながら売り上げをどんどん落としていきます。

そして社会のなかで横のつながりを確認し合うものは、“皆と同じ消費行動”にとって代わり、ネット上の無料ソーシャルメディアに移っていきました。ただ、このソーシャルメディアの横のつながりは、80〜90年代のように全体として呼応していこうとするだけの方向とは異なり、そのなかで“個の力を確認し合う性質を持つもの”が発展していくものです。それは80〜90年代にあった横のつながりとはかなり景色の違うもので、まったく異なる形のものが勢力を伸ばしていったように思います。

そんなソーシャルメディアの課金モデルの成功例として取り上げられるのがソーシャルゲームの課金方法ですが、個人の見栄と欲望にコミットするその課金方法は、道徳的には非難の対象となるケースもあるものの、それは明らかに横のつながりのなかで個の力を確認するアイテムとして機能しており、間違いなく今の個の力を求める社会の需要とリンクしたシステムと言えるのだと思うのです。

商売は結局社会の需要を満たして成立するものですから、今は横のつながりのなかで個の力を確認するセンスと何かしらコミットしていかない限り、例え音楽であっても、それを社会のなかで商売として成り立たせるのは難しい、ということなのではないでしょうか。

それがどんな形に、あるいはどんな媒体のどんな仕組みのなかで可能になっていくのか、業界としては一部(AKB48など)を除いてなにも見出せないまま暗中模索の状態がずっと続いている訳ですが、既存メディアの衰退が顕著である以上、ネット上のソーシャルメディアのなかでその可能性を探ってみることはどうしても必要だと思うのです。現状、社会のなかでほかに横のつながりの需要を満たすものが、ソーシャルメディア以外にないのです。そして、今あるメジャーなソーシャルメディアのなかで、音楽ビジネスとしてはなにが有効なのかを考えていく必要があると思うのです。更に、単に商売としての可能性ではなく、“新人さんが出て来れる環境”という部分に特化すれば、選択肢は本当に限られてしまうのではないでしょうか。


以下、今のメジャーなソーシャルメディアのなかでの音楽ビジネスの有効性を考えてみます。

1:『アメーバピグ』は、演者とお客さんの関係を築いていくツールとしては、ファンの人との距離が近くなり過ぎるため不向き、という結論になるかもしれません。コアなファンには限度を超えたセンスの人が、どうしてもいますから……。ただ、利用した人が横のつながりのなかで個の力を確認し合えるアイテムとしての機能は、充分果たせるものなので、あくまで演者とお客さんの関係性には向かない、ということだけだと思います。

2:日本の『Facebook』は人を茶化したり、下ネタだったりが厳禁で、しかも鍛えられていない人の顔色を伺わないといけない空気に支配されていますから、その土壌そのものが音楽には適していないと思います。音楽は、人を茶化したり下ネタだったり、あるいは鍛えられていないヤツは鍛え直してこい、の要素のすべてをなくしてしまうと、表現としては無味乾燥なことになってしまいます。言葉で説明するのは難しいですけど。あれではこれからの音楽は育たないと思うのです。海外は分かりませんが、少なくとも日本の『Facebook』に関しては、これからの音楽業界が新人を展開させる場所としては、不向きだと思われます。

3:『mixi』はコミュニティが固定化してしまい、コミュニティそのものにあまり流動性が見られませんので、もはや新規の横のつながりを作れる場所でなくなってしまったところが難しいと思います。むしろ個の力を確認し合える空気が希薄なところが、“過去の習慣を守る場所”としての役割を担っていると思うのです。

4:『Twitter』は芽がありそうです。個の力を確認し合える仕組みも、ちゃんと含まれています。ただ、扱える情報量が限られていますので、既に有名な人にとっては使い出のある武器になるのですけど、これからの新人さんにとって主戦場にはなりにくいのです。主戦場はほかにあって、その補填的な役割になっていくのではないかと思います。

5:だから『ニコニコ動画』なんです。新規の横のつながりを作れる機能を持っていて、下ネタOK、茶化し合いOK、“鍛えられていない底辺ははい上がれ”のセンスがあるという、今の日本では唯一のソーシャルメディアなのです。ですから、消去法かもしれませんが、今の日本で音楽の新人さんが出て来れる土壌を持ったソーシャルメディアは『ツイッター』と『ニコニコ動画』である、と筆者は考えています。何よりボカロの文化が、個の力を確認し合えるセンスをベースしているところで、社会の需要を捉えていると思うのです。

『ニコニコ動画』の唯一にして最大の問題は、作品の技術力の低さにあります。DTM技術の未熟さ、歌唱、演奏技術の未熟さ、動画編集の未熟さ。色々なことの技術の要素がまだまだ子どものお遊びレベル故に、一般の人たちが感情移入するのはとても難しい状況にあったりすると思います。ただその未熟さを大目に見ると、作品のコアになっている表現の部分は、今の業界では確実にボツにされてしまうであろう、だけど中身としては面白い表現が間違いなく埋もれていたりするのです。もちろんそれは数多の底なしにレベルの低い音楽に紛れていますし、それを慣れない人が見つけ出すのは、ほぼ不可能です。でも発想がないところで技術だけが高いのが今の音楽業界だということを考えれば、その逆の“発想はあるけれど技術が未熟”というところの将来性は高く見積もっても良い気はするのです。技術を進歩させることは、発想を持たせることより何倍も簡単なのですから。

この状況は80年代のビジュアル系の黎明期(れいめいき)に良く似ていると思います。


※この記事はガジェ通ウェブライターの「あらい」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?