”フィンク×初音ミク”、異色コラボがニコニコ超会議に特別出張決定

写真拡大

英国人アーティストのフィンクとボーカロイド「初音ミク」のコラボ楽曲”Tokyo”が4月28日(土)、29日(日)の2日限定で、「ニコニコ超会議」に特別出張することが発表された。

ニコニコ動画の巨大イベント「ニコニコ超会議」は幕張メッセ内で開催されるが、その会場内に設置されたリスニングポイントで「Musicity」にアクセスすれば、無料で本楽曲の試聴が可能となる。

Musicityは、2010年にロンドンで誕生した、音楽と場所をつないで新しい都市体験を生み出すという音楽プラットフォーム。

その世界展開第1弾として選ばれた都市が東京であり、今回、イギリスの公的な国際交流機関であるブリティッシュ・カウンシルの主催の元「Musicity Tokyo」をスタートさせている。

「Musicity Tokyo」では、日本とイギリスのアーティストが街の特定の場所をモチーフに楽曲を制作し、ユーザーはスマートフォンに表示されるMAPを利用してリスニングポイント(東京・六本木17カ所)に行くことで、無料で楽曲を聴くことが可能。

町歩きと音楽聴収を同時に実現し、「都市と音楽」の新たな関係を築くために展開しているプロジェクトとなっている。

そして、このプロジェクトの一環として企画されたのが、エイミー・ワインハウスなどへの楽曲提供で知られるイギリスはブリストル育ちのアーティスト、フィンクとボーカロイドである初音ミクのコラボ楽曲”Tokyo”。

六本木ニコファーレ付近が本楽曲のリスニングポイントになっているが、今回は2日間限定でニコニコ超会議にもリスニングポイントが設置される。

なお、Musicityはログイン登録(無料、スマートフォンのみ対応)が必要で、聴取した音源はリスニングポイントアクセス後なら、PCサイトでダウンロード可能。

ニコニコ超会議当日は、会場内の「ニコニコ学会βシンポジウム」ブースでも情報を提供している。