ファミリー向けのビームス新業態「B:MING LIFE STORE」船橋にオープン

写真拡大

 ビームスの新ファミリー業態「B:MING LIFE STORE by BEAMS(ビーミング ライフストア バイ ビームス)」が4月27日、千葉県船橋市の「ららぽーと TOKYO-BAY」にオープンした。売り場面積約90平方メートルの店内にメンズ・ウィメンズ・キッズを揃え、親子3世代に向けた売り場を展開。初の店舗は、秋の本格展開に向けたプレオープンとし、実績を反映しながら年内に5店舗、5年間で30店舗に拡大を計画している。 ビームスのファミリー業態プレオープンの画像を拡大

 「B:MING LIFE STORE」は、ファミリーで楽しめる店舗がコンセプト。「こども ビームス」や、「Cosme Kitchen(コスメキッチン)」とBEAMSが共同展開するコスメセレクトライン「J'attache organic(ジャタッシュ オーガニック)」を、ウィメンズ・メンズを扱う実店舗として初めて導入するなど、バラエティ豊かなアイテムが揃う。内装は、ファミリーが来店し易いように通路やフィッティングルームのスペースを広めにとり、大きなサイネージで売り場を分かりやすく工夫。イベントなどを行う多目的スペースなども設置されている。オープン時は「BEAMS(ビームス)」や「Ray BEAMS(レイ ビームス)」など、既存レーベルのオリジナル商品を主軸とし、パーティーやビジネス、カジュアルなど幅広いカテゴリーを取り扱う。2012年秋からは、既存レーベルより2〜3割低い価格帯の「B:MING LIFE STORE」オリジナル商品を投入。首都圏近郊に契約面積100平方メートル規模の店舗を出店する計画で、その後はアジア進出も視野に入れ、5年間で5億円の売り上げを目指す。なお、店舗の出店形式は、直営運営に限らず展開していく予定。 新業態の立ち上げにあたり、「メンバーの様々な意見を戦わせた」というビームス創造研究所シニアクリエイティブディレクターの南馬越一義氏は、「B:MING LIFE STORE」のディレクションを担当。「今までにやっていないことをやろう」という考えから、ファミリー向けの業態を始動したという。「団塊の世代から子供まで親しめるトラッドを着くずしたイメージ。オリジナル商品に加え、Hervé Chapelier(エルベシャプリエ)のような定番ブランドとのコラボレーション商品も制作していく予定」とし、本格展開に向けて第一歩を踏み出した。■ビーミング ライフストア by ビームス ららぽーと TOKYO-BAY 店 住所: 千葉県船橋市浜町 2-1-1 ららぽーと TOKYO-BAY 南館 2F 営業時間: 月-木 10:00 ‒ 20:00/金土日祝 10:00 ‒ 21:00 不定休  電話番号: 047-436-6500