渋谷ヒカリエ・シンクス2日で2億超え、20万人来店

写真拡大

 東京急行電鉄が4月27日、「渋谷ヒカリエ」の開業初日とプレオープン日の2日間、2億9,000万円を売り上げたことを発表した。来館者数は、約20万名。東急百貨店による新商業施設「ShinQs(シンクス)」は、予算比200%と好調なスタートを切った。 渋谷ヒカリエ2日で2億円超えの画像を拡大

 東京・渋谷に誕生した新たなランドマーク「渋谷ヒカリエ」は、4月26日に開業。オープン時間の10時までに、渋谷駅直結の地下3階と2階の入り口に加え、1階のエントランスに並んだ人の合計は、約4,000人(東京急行電鉄発表)。「ShinQs」でしか購入できない限定品や詰め合わせセット、ノベルティなどを全売場・ショップで用意し、多くの来店客が購入していた。夕方以降には、午前中にも増して来店客が増え、16時以降、各入り口で断続的に入店規制を実施。館内のフロアでは、地下3階や地下2階の「ShinQs Food」が予算比230%、地下1階と地上1階のビューティフロア「ShinQsBeauty」が予算比220%と好調。また、6階から7階の飲食店舗や8階のクリエイティブスペース「8/(はち)」も好調に推移したという。 東京急行電鉄の広報担当は、「仕事終わりのOLさんや宮益坂方面に用事のある女性客が来店が目立ち、ターゲットとしている働く女性に響いているんだなと実感した」とコメント。なお、前日には 「TOP&ClubQカード」の会員向けてプレオープンしたため、売り上げ・来館者数は25日・26日の2日間の合計で発表されている。■駅直結の新ランドマーク「渋谷ヒカリエ」 新商業施設「シンクス」大解剖 URL:http://www.fashionsnap.com/inside/hikarie-all-floor/