小松未可子、「Black Holy」発売記念フリーイベントを開催! 「さぁ、サンシャインの時間だ!」

写真拡大

MBS系列にて放送中のTVアニメ『モーレツ♡宇宙海賊』で加藤茉莉香役を演じる小松未可子が、本作のイメージソング&ゲストED曲となる「Black Holy」を4月25日にリリース。

その発売を記念したフリーイベントを4月26日に池袋サンシャインシティ噴水広場にて開催した。

『小松未可子「Black Holy」発売記念フリーイベント〜さぁ、サンシャインの時間だ!〜』と銘打たれた今回のイベント。

参加自由のフリーイベントということもあって、会場にはのべ1,000名近くの観客を集めた。

ステージを囲むファンの熱い視線、さらにステージ下に姿をみせた『モーレツ宇宙海賊』の佐藤竜雄監督が見守る中、「さぁ、サンシャインの時間だ!」と、自らが演じる加藤茉莉香にちなんだ海賊帽の船長服姿で登場した小松は、25日にリリースしたばかりの「Black Holy」を披露する。

透明感のある伸びやかな声で、「Black Holy」を歌い切る小松。

会場の熱気に「暑い(笑)」といいつつ、海賊帽を客席に投げ入れ、2曲目となる「Black Holy」のカップリング曲「透明な夜空〜瞬く星に包まれて〜」をしっとりと歌い上げる。

2曲歌い、大きく盛り上がる会場。

「暑いです。

船長、汗だくです(笑)」と言いながら、さらに上着を脱ぎ捨て、3曲目となる「ユメノアリカ」を歌う。

これは『モーレツ宇宙海賊』のBlu-ray特典となるドラマCDのED曲。

もちろん客前では初披露ということもあって、やや緊張しながらも、ポップな曲を笑顔で歌いきる。

そしてここで、ミニアルバム「cosmic EXPO」を7月11日にリリースすることを発表。

「Black Holy」や「透明な夜空〜瞬く星に包まれて〜」、さらに「ユメノアリカ」など、全8曲入りとなるミニアルバムは、『モーレツ宇宙海賊』の世界観を表した1枚になるという。

4曲目は「アップテンポで動く曲」ということで、今度はいきなりステージ上でブーツを脱いで裸足になる小松。

ミニアルバム「cosmic EXPO」の収録曲の中から「砂漠のタイムマシン」を振りつきで熱唱する。

全4曲を歌いきり、「緊張しましたけど、何より楽しかったです」という小松。

「発売日にお店に行ったんですけど、(自分のCDが)どこにも売ってなかったので、(会場の)物販で買おうかな(笑)」と笑顔を見せつつ、「ようやく実感がわいてきました」と語り、「精一杯みなさんに歌を届けられること、アニメの作品にまたひとつ違う形で参加できたこと、そして夢であった歌を歌わせていただけること、本当にうれしいこと尽くめの中、今皆さんと一緒に楽しめることができて幸せです」というメッセージを残して、発売記念ライブイベントを締めくくった。

4月25日に待望のデビューシングル「Black Holy」をリリースした小松。

イベント中に発表されたミニアルバム「cosmic EXPO」は2012年7月11日の発売予定で、価格は2,400円。

「砂漠のタイムマシン」ほか新曲4曲を含む全8曲収録で、初回特典として「小松未可子ミニフォトブック」の封入が予定されている。