『Fate/Zero』2ndシーズンから見る場合の注目ポイント

写真拡大

 2011年秋に1stシーズンが放送されたTVアニメ『Fate/Zero(フェイト/ゼロ)』。

これを収録した「Blu-ray Disc Box I」(3万9900円 ※税込)が発売初週に約4万3000セットを売り上げるなど、圧倒的な人気を誇っている。

そしてその2ndシーズンが2012年4月より放送中だ。

そこで2ndシーズンから見始める人のために、今からでも間に合う『Fate/Zero』の基礎知識と見どころ……その一部を独断と偏見でご紹介しよう!◆そもそも「聖杯戦争」って何? 「聖杯」とは60年に1度現れるという、どんな願いもかなえられる願望機のこと。

7人のマスター(魔術師)が、それぞれのサーヴァント(英霊)を召喚・契約し、ペアになってバトルロワイヤルを繰り広げていく……。

その聖杯を巡る争いを「聖杯戦争」と呼ぶ。

ちなみに『Fate/Zero』は「第四次聖杯戦争」を描いている作品で、その10年後を描いた同シリーズ『Fate/stay night』(フェイト/ステイナイト)の世界へと続く始まり(Zero)に至る物語だ。

迫力の戦闘シーンはもちろんのこと、マスター同士の人間関係とその思惑、マスターとサーヴァントとの確執などにも注目して見てほしい。

◆勝利のためには手段を選ばない主人公 主人公はマスターの衛宮切嗣(えみやきりつぐ)、戦いの根絶と世界平和を望んでいる人物だ。

と、ここまでは正義感あふれる主人公らしい設定に感じるのだが、彼は多数を救うために少数を切り捨てる方針で、卑怯(ひきょう)とも思える行動を平然とやってのける。

遠方からライフルや爆薬で敵を仕留めたり、自分の妻・アイリスフィールをマスターに見せかけたりと、正面から戦う気はさらさらゼロだ。

一方、相方のサーヴァントはセイバー。

騎士王アーサー・ペンドラゴンの英霊である。

騎士道精神のもと正々堂々とした戦いを望むセイバーと、それを無視して暗殺の作戦を立てる切嗣。

まったく馬が合わず、お互いに歩み寄る気もゼロ。

そんな2人がどのように勝ち抜いていくのか見ものである。

◆清々しいまでのオレ様キャラ! 敵対勢力の一人、遠坂時臣(とおさかときおみ)が呼び出したのは、アーチャーこと英雄王ギルガメッシュ。

最強の武器を持つサーヴァントの召喚に成功し、時臣は勝利を確信した。

ところがこの英雄王、とにかく尊大な性格で、マスターの時臣からの指示に従う気ゼロ。

「常に余裕をもって優雅たれ」をモットーにしている時臣が、感情をおさえながらアーチャーに頭を下げる様子は他陣営にはない、立場逆転の光景……。

でも、「せめて散り様で我(オレ)を興じさせよ、雑種!」「雑種ども、次までに有象無象を間引いておけ」などなど、自分以外の他者を「雑種」呼ばわりするアーチャーのセリフはある意味、爽快! 聞いているうちにクセになるかも!?◆報われないおじさんが涙を誘う! 遠坂時臣を恨んでいるのは、マスターの間桐雁夜(まとうかりや)。

幼なじみで現在は時臣の妻になっている葵(あおい)を一途に想い続けている人物だ。

魔術の家を嫌って一般人として生きていたが、葵の娘・桜(さくら)が間桐家に養子に出され、過酷な修業を受けさせられていることを知り、「おじさんが桜ちゃんを助けるからね!(そして葵さんを喜ばせるからね!)」と参戦を決意。

魔術師としては未熟なので、体中に「刻印虫(こくいんちゅう)」という魔術の蟲(むし)を宿して強化しているのだが、その副作用で身も心もボロボロ! 戦いのたびに吐血しつつ、時臣に対する恨みを募らせていく……。

もうやめて、おじさんのライフはゼロよ! そんな、努力が報われない雁夜おじさんにシンパシーを感じてしまう人もいるとかいないとか。

ちなみに、サーヴァントのバーサーカーも狂化のために正気を失っている。