このニューヒーローは一体何者? 潜入捜査してみた

写真拡大

 「ヤバいほど味長続きガム」として人気の「ストライド」。

5月7日より全国放送される予告編CM、5月中旬放送開始の本編CMに先立ち、予告編と同内容のティザー動画がWebで先行公開されて早くも話題を呼んでいる。

ティザー動画では特撮ヒーローのようなキャラクターが地球に飛来する様子が描かれているが、その詳細や映像に込められた真意は一切不明。

一体、これらのキャラクターは何者なのか? 新CMの発表会に潜入してリサーチしてきたのでご報告しよう! 発表会では、まず「ストライド」のこれまでの歩みや新しいブランドコンセプトが発表されたあと、今回の予告編CMが紹介された。

 予告編は、光の筋が宇宙から地球に飛来するところからスタート。

東京の上空をかすめた光は、やがて路地裏に降りたってヒーロー風のシルエットに変わる。

そして、そのシルエットの額に光る「S」の字が大きく映し出されたあと、「あきらめるか、続けるか。

」と「5.14」というメッセージが表示されて映像は終了。

しかしヒーローが何者なのか、メッセージは何を意味するのかは謎のまま。

 しかしその予告編の紹介のあと、なんと、その「謎」のヒーローたちが会場に華々しく登場! ヒーローたちは「超時間ヒーロー ストライド」と呼ばれ、全部で3人構成。

いずれも黒地にアクセントカラー1色を加えたボディスーツを身にまとっているのが特長となっている。

各ヒーローの名称はアクセントカラーごとに異なり、緑が「ストライド エンドレス」、黄色が「ストライド エバーラスティング」、青が「ストライド オールデイ」とのこと。

3人とも額に「ストライド」を意味する「S」の字が入っているが、ボディスーツのディテールはそれぞれ微妙に異なっている。

 ニューヒーローたちの登場に続いて、彼らをデザインした出渕裕氏が登場し、キャラクターのコンセプトなどを説明。

出渕氏はガンダムシリーズや『機動警察パトレイバー』などのメカニックデザイン、『宇宙戦艦ヤマト2199』の総監督などで知られる日本屈指のキャラクターデザイナー。

同氏によれば「日本の特撮ヒーローというよりは、アメコミのヒーローに近いイメージでアプローチした」とのこと。

またCMで提示されたメッセージに対しては、「あきらめずに続けた結果、今の自分がある。

その意味でも共感できる言葉」と語っていた。

 ちなみに、ヒーローたちが身につけているコスチュームの制作は、映画『ヤッターマン』や『GANTZ』のガンツスーツなどで知られる衣裳デザイナー竹田団吾氏が手がけているそうで、発表会では竹田氏のインタビュー映像も公開された。

それによると「出渕さんの絵は線が多くて複雑だったため、忠実に立体化するのに苦労した」そうだ。

 そのヒーローの全体像が明らかにされる本編CMは出渕氏もまだ未見のようで、発表会でも「続きを見せて」とリクエスト。

しかし、本編は正式放送までお預けとのことで、最後までベールに隠されたままだった。

うーん、残念! 本編放送予定の5月中旬が待ち遠しい!