【韓国涙目】国際水路機関が「日本海の名称は今後も日本海のまま維持」と決定 / 東海や韓国海の夢が破れる

写真拡大

海図や航海などに関わる国際機関『国際水路機関』(International Hydrographic Organization)が、「日本海」は今後も「日本海」という名称を維持すると決定。韓国は日本海を「東海」や「韓国海」に改名しようとしていたが、その夢ははかなく砕け散った。

重ねていうが国際水路機関は国際機関であり、国際水路機関条約のもと設立された中立的な機関である。よって世界的に、日本海は日本海であるということが再認識されたことになる。共同通信や産経新聞など日本のメディアもこの決定を報じている。

もともと日本海は日本海なわけで、決して「東海」や「韓国海」ではない。つまり議題にあげること自体がおかしい。なのでこの結果は当然といえば当然といえよう。日本からすれば、変な言いがかりをつけられた気分である。以下は、この決定に対する日本のインターネット上の声である。
 
・インターネット上の声
「当然だよね」
「当たり前の結果ですね」
「なんで当たり前なことなのにホッとせにゃあかんのだ」
「当たり前だっつーの」
「って日本海に決まってるじゃねーかアホかよw」
「韓国はまた負けのか」
「なんでこんな国が隣国なのかと……」
「東海シール貼りまくってやるニダ」
「韓国が自国内でそう呼ぶのは勝手だが、それを押し付けるな」
「ざまあああああああああああああああああああああああ」
「俺は日本人だけどこれはおかしい。韓国海と記した147億年前の文献が見つかってるのに」
「韓国のこれまでの工作活動はどうなるんだろうな」
「アイツら常識では考えられんゴリ押ししてくるからちょっと不安だったわ」
「常識的に判断できる頭があれば当然の結論」
 
多くの日本人が、今回の決定に「当然の結果」と思っているようだ。しかし、国際水路機関は「日本海のまま維持」としただけであり、数年後に開催される議会で改めて議論される可能性がある。このような言葉は使いたくないが、日本としては非常に「うざい」状況といえよう。
 
Photo: RocketNews24.