ミツバチ大量死の容疑をかけられている会社が原因調査会社を買収

写真拡大


一夜にしてミツバチが原因不明に大量失踪するという現象が様々な所で報告されています。専門家らは懸命に原因を特定しようとしていますが、まだコレと確定した原因は特定されていません。原因の可能性としてあげられているものの1つに遺伝子組み換えとうもろこしの存在があります。

Monsantoは、そんな遺伝子組み換えとうもろこしのノウハウを持ったバイオテクノロジー関連の会社です。そして今回「蜂の繁栄を取り戻し、虫媒による受粉の未来を守る会」を行っている調査会社を買うことに決めました。

んー、これって容疑者が現場検証する、みたいなものですよね。


[GlobalResearch]
Image : Thinkstock/Getty Images

MOLLY OSWAKS(原文/mio)