(株)LIXILは、快適性評価指標の一つであるPMV(Predicted Mean Vote/予測温冷感申告)を活用し、建築予定の設計図面、立地条件などの情報をもとに、夏を省エネで快適に過ごすための最適な窓サイズ・種類・配置を提案する新しいサービス「通風・創風 設計サポート」を、5月1日(火)より全国のビルダー向けにスタートする。またあわせて、設計サポートを利用して家を建てた施主向けに、各邸ごとにオリジナルで作成する、夏場を心地よく過ごすための“窓の使い方”がわかる「窓の開け方提案シート」を提供する。

近年の住宅は断熱・気密性が向上しているため、夏に窓を閉めきってしまうと、熱が部屋にこもり冷房機器に頼る生活になってしまう。そこでLIXILでは、断熱・気密の“閉じる技術”とあわせて、窓を開けて風を取り入れる“開く技術”をあわせて提案する「通風・創風 設計サポート」を開発した。各邸ごとに、6月〜9月(夏場)の“風があるとき(朝・昼・夜)”、“風がないとき(朝・昼・夜)”、“風がないとき(深夜)”の7つのシーンにあわせ、定量的に住まいの快適性を判定、その結果をもとに風があるときは“通風”、風がないときは“創風”といった考え方を取り入れ、最適な窓サイズ・種類・配置を提案する。
「通風・創風 設計サポート」の利用に必要な種類は、サポート依頼書、各階平面図、立面図、断面図、配置図(方位が記入されたもの)、案内図もしくは付近見取り図。これら資料をLIXILに送ると、各地域の気象データベースにより通風・創風シミュレーションが行われ、その結果をもとに通風・創風の「窓の設計提案シート」や「窓の開け方提案シート」の作成がサポートされる。価格は4万円/1物件(税抜)。対象エリアは沖縄県、離島を除くすべての都道府県。