細野晴臣や藤原ヒロシが「京都精華大学」音楽とファションの新学部教員に

写真拡大

 京都精華大学は、2013年4月に開設を予定しているポピュラーカルチャー学部の設置に関する届出書類を文部科学省に提出し、手続きが完了したことを発表した。音楽とファッションの2コースから構成され、募集定員は118名。教員に音楽プロデューサーの佐久間正英氏やファッションエディターの西谷真理子氏など現役で活躍している人々を迎える予定で、客員教授として細野晴臣氏や藤原ヒロシ氏などによる授業が計画されている。 京都精華大学に音楽とファションの新学部の画像を拡大

 京都精華大学に新たに開設されるポピュラーカルチャー学部は、ポピュラー音楽とファッションを学べる新学部。若い世代にとって自身の世界観やアイデンティティの形成に深くつながる音楽とファッションに着目し、社会的、文化的に大きな意義をもつ2つの領域を教育研究分野として確立することに、日本の大学として初めて取り組む。カリキュラムでは、制作技術の基礎から学び、作品を人びとに広く届ける力や、社会でどのような役割を担うのかを考える力も実践的に身に付けていく。音楽とファッションで新たな驚きと刺激をつくり出すことで時代の先端を切り拓き、新しい文化を創造するクリエイターを育てる。 音楽コースでは、BOOWY(ボウイ)やGLAY(グレイ)、JUDY AND MARY(ジュディ・アンド・マリー)など、日本を代表するロックバンドのプロデュースを手掛けてきた佐久間正英氏が教員に就任予定。その他、ジューシィ・フルーツや小泉今日子など数多くのアーティストをプロデュースする他、音楽評論でも活躍する近田春夫氏、「虹の都へ」「ベステンダンク」などのヒット作品を持つミュージシャン、プロデューサーの高野寛氏、日本のヒップホップのパイオニアである「スチャダラパー」でMCを務めるミュージシャンのBOSE(ボーズ)氏などが予定されている。ファッションコースの教員には、自身のブランド「NAiyMA(ナイーマ)」を設立し、東京コレクションでも活躍したデザイナー柳田剛氏、「ハイファッション・オンライン」のチーフディレクターを務めてきた西谷真理子氏、パタンナー中道友子氏などの就任が予定されている。 その他、客員教授として「はっぴいえんど」のメンバーで、「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O)」で世界中にテクノポップブームを巻き起こした細野晴臣氏や、日本初のリミックスDJとして活躍する他「裏原宿」と呼ばれる90年代のストリート・ファッションを牽引してきたプロデューサーの藤原ヒロシ氏、映画監督Pierre Barouh(ピエール バルー)氏、音楽家、俳優、プロデューサーなどを迎える。■ポピュラーカルチャー学部特設サイト http://www.kyoto-seika.ac.jp/popularculture/