「すーちゃん」シリーズなどのコミックで人気の益田ミリが、初めて総合週刊誌で連載をスタート。タイトルは『沢村さん家のこんな毎日』。

 益田といえば、アラサー、アラフォーの独身女子を主人公とした作品が多いが、今回はサブタイトルに「平均年齢60歳」とある。40歳すぎの独身娘とその両親が、いまのところの主な登場人物。アラフォー女子だけでなく、団塊以上のおじさん・おばさん世代までが楽しめそう。

 『週刊文春』4月12日号から始まり、現在第3回を迎えている。2ページの連載で毎週1話完結なので、今からでも、全然楽しめます。

(ダ・ヴィンチ電子ナビ)