アップル製テレビ、買い替え希望者は3割:英米調査

写真拡大

「アップル製テレビ、買い替え希望者は3割:英米調査」の写真・リンク付きの記事はこちら

マーケティング調査会社のKAE社と投票サービスのToluna社が4月17日(英国時間)に発表した調査結果(PDFファイル)によると、米国の消費者の25%、英国の消費者の30%が、Appleブランドのテレビに魅力を感じており、発売されたら購入したいと答えている。

この調査では、テレビを持つ約6,000人を対象に、Appleブランドのテレビについて、購入したいか、欲しい機能、購入の理由などが質問された。

Apple社の製品をひとつ以上持っている人の場合は、Appleブランドのテレビが入手可能になったら欲しいという人が40%だった。さらにこの調査では、Apple社が参入した場合の乗り換えに最も高い関心を持っているのはLG社、Samsung社、およびソニーのテレビ所有者だった。

KAE社のリー・パウニーはリリースで、Appleブランドのテレビには大きなポテンシャルがあると述べ、「Apple体験が家庭生活にさらに入り込み、開発者と周辺機器メーカーには新しいマネタイズのチャンスがもたらされるだろう」と述べている。

回答者の多くにおいて、Appleブランドのテレビに関心がある理由は、革新的なデザインで高品質な商品になると思うということだった。欲しい機能としては、インターネット対応、アプリの実行、Apple社の他のデバイスとの簡単な同期が挙げられている。

一方、Gartner社のヴァン・ベイカーら一部のアナリストは、利益が小さいことで知られるテレビ市場にApple社が参入するかは疑問だと考えている。「テレビ市場のリーダーのひとつと見られているソニーは、何年間も損を出し続けている」とベイカー氏はWIREDへの電子メールで述べた。「大半のメーカーは、マージンがあったとしてもわずかだ。Apple社にとって参入すべき市場だとは思えない」

それでも、KAE社のパウニー氏はAppele社がテレビで利益をあげる可能性はあるし、消費者は喜んで購入する可能性があると述べた。同氏はWIREDへの電子メールで、「ハイエンドなテレビの市場はかなりのマージンがある」としたうえで、スマートテレビ分野は、ハードウェアが出はじめた2006年の市場によく似ており、「破壊的イノベーションが起きる条件は整っている」と続けた。

Apple社は今年第4四半期(日本語版記事)にテレビを発売する可能性があるという報道が多く、パウニー氏もこの見方に同意している。

TEXT BY CHRISTINA BONNINGTON
TRANSLATION BY ガリレオ -緒方 亮/合原弘子



【関連記事】
外国語で考えるほうが合理的:研究結果
顔認証でアンロックするiOSアプリ『FaceVault』
PSPにそっくりなAndroidゲーム機『JXD』
知人の「セクシーさ」を評価:Googleが特許出願
評判を落とすための「ネット工作」、米国新聞社が告発