マスメディアの「夜回り(夜討ち)」「朝駆け」について正直どう考えているのか警察へ公開質問状を送ってみました

写真拡大

マスメディアの記者が警察関係者の自宅を訪問し取材を行う「夜回り(夜討ち)」「朝駆け」という習慣があります。しかし皆さんご存知の通り、公務員である警察関係者からの情報漏洩は違法行為。そもそもマスメディア関係者が警察関係者の自宅を訪れ、このようなことを行なっていること自体が問題です。

この是非について警察側はどう考えているのか、今後どうしていくつもりか等、7つの質問を警察庁と警視庁のトップ宛に送付してみました。果たして警察側はこの不法行為をどう認識し、今後どう対策をとるつもりなのでしょうか。

今回、新たに7つの公開質問を警察へ送付させていただきました。前回の3つの質問とあわせて公開質問の数は合計10となりました。警察関係者からの誠意ある回答をお待ちしております。


●公開質問状の内容

「夜回り(夜討ち)」「朝駆け」の実態についての公開質問

警察関係者から一部商業媒体への捜査情報の漏洩に関する公開質問です。主に「夜回り」「朝駆け」と呼ばれる行為について質問させていただきます。
回答期限は2012年5月2日(水)までとさせていただきますので誠意ある回答をお願いいたします。回答が遅れる場合は必ずいつまでに回答できるかその回答期日を添えてご連絡ください。

■「夜回り(夜討ち)」「朝駆け」という用語について
今回の質問で使わせていただいております「夜回り」「朝駆け」という用語につきまして。「夜回り」「朝駆け」とは新聞社・テレビ局など一部商業媒体の記者を警察関係者が自宅付近または自宅へ招き入れるなどし、そこで記者の質問を受け、場合によってはそれに答えるなどして情報提供をおこなうことを指します。朝におこなうものは「朝駆け」といい、夜におこなうものは「夜回り」といいます。

以下、「夜回り」「朝駆け」についての公開質問となります。すべてお答えください。

質問1)警察関係者が公的かつオープンな場所以外、例えば警察関係者の自宅付近や自宅内で報道関係者と会うことの是非につきまして、警察庁の見解を明らかにしてください。

質問2)「夜回り」「朝駆け」は機密情報の漏洩であるという認識はございますか。

質問3)「夜回り」「朝駆け」について、警察庁ではその実態を把握しておられますか。

質問4)「夜回り」「朝駆け」について、警察庁ではその実態を把握するために調査をされたことはありますか。

質問5)「夜回り」「朝駆け」は一部商業媒体に行き過ぎた便宜を供与する行為であり、またこれを公務員がおこなうことは違法行為です。このことを警察庁はご存知でしたか。

質問6)「夜回り」「朝駆け」に対し、今後警察庁ではどのような対応をとられますか。期日を明らかにして具体的にどのような対応・対策をとるのかお答えください。

質問7)このような役所内および警察関係者に対するの調査の場合、警察関係者ではなく、警察とはまったく関係のない第三者に専門的かつ客観的な視点で調査をおこなっていただくのが適切だというのが通常の判断かと思いますが、この「夜回り」「朝駆け」の件に関して第三者による調査チーム等をつくり、適正な調査をおこなう可能性はありますか。おこなうとすればその時期はいつですか。


以上、2012年5月2日(水)までにご回答をお願いいたします。


●マスメディアと警察の適正な関係を求める署名
マスコミへの不法な情報漏洩と便宜供与に反対しオープン化を求める署名
http://getnews.jp/archives/189400