ABC・テレビ朝日系で毎週日曜夜に放送中の「大改造!!劇的ビフォーアフター SEASON?」から、プレーヤー自身が“匠(たくみ)”となって家の問題、家族の悩みを解決するソーシャルゲームが登場することが分かった。家族の悩みを解消、家の問題を解決するための大改造(=ミッション)を進行し、資材、能力値、マニー(ゲーム内で使用するゲーム特有の通貨のこと)を集めて依頼に応えるべく挑戦する。

【写真】バラエティーあふれる“匠アバター”も登場!

同番組は、リフォームで日本の家族を笑顔にする“家族応援バラエティー”。 住む家に狭さや老朽化といったさまざまな悩みを抱えている家族の元を匠が訪れ、見事なリフォーム術で問題を解決。家族が大切にしている思い出の品や、家族の絆を象徴するものを生かしつつ、安心して暮らせる家へと劇的にリフォームしていく。

5月中旬からケータイ向け(一部対応しない機種もあり)に配信されるアプリ「大改造!!劇的ビフォーアフター」では、プレーヤー自身が“匠”となり、家具・資材など多彩なアイテムを駆使してさまざまな家の問題を解決することで、家族の悩みを解決し幸せにすると共に匠自身が成長していく。依頼の解決に成功すると、同番組でおなじみの「癒し空間の創造者」などの“称号”、そして“匠アバター”を獲得することができる。また、プレーヤー1人では達成困難な依頼も仲間と一緒に立ち向かったり、コンペを通じてほかのプレーヤーが操る匠と能力比べをしたり、資材を奪うことも可能。まさに匠の“疑似体験”ができるゲームとなっており、これから家を建てようと思っている人から建築士を目指す本格志向まで、ユーザー次第の使い方で楽しめる。