スローモーションで見る「愚かで危険な破壊」のいろいろ

写真拡大



デンマークのTV番組『Dumt Og Farligt』(「愚かで危険」という意味)は、物を派手に破壊して1秒2,500フレームで撮影することが好きだ。

ヤン・エルヒョフとスタントマンのラッセ・スパング・オルセンは、何でも好きなことをやっていいという家を与えられている。鉄の玉で金魚鉢を破壊したり、居間で花火をしたりなどだ。これらのシーンはスローモーションでとらえられ、破壊を最大限に楽しむことができる。

デンマーク語のわかる人にはサイトもある。



TEXT BY DAVE GIANCASPRO
TRANSLATION BY ガリレオ「スローモーションで見る「愚かで危険な破壊」のいろいろ」の写真・リンク付きの記事はこちら



【関連記事】
知人の「セクシーさ」を評価:Googleが特許出願
評判を落とすための「ネット工作」、米国新聞社が告発
99%のための「生活にやさしい」ガジェット9選
イヴェントを組織できるGoogleの『Schemer』
1%のエリートのための超高価なガジェット9選