ランボルギーニのファミリー向けSUV『URUS』

写真拡大

「ランボルギーニのファミリー向けSUV『URUS』」の写真・リンク付きの記事はこちら

ランボルギーニ社が、SUVコンセプトカー『URUS』を発表した。

ランボルギーニ社がSUVを開発したのはこれが初めてではない。1980年代にはオフロード4WD『LM002』(下の写真)を開発している。

LM002は、B級アクション映画によく登場したことから、映画『ランボー(Rambo)』シリーズに引っかけて「Rambo Lambo」と呼ばれた。扱いに注意が必要で、信頼性の低いオフロードカーであったLM002は、コカインで頭がいかれた映画業界の幹部や、中東の石油成金に約300台販売された後、1992年に生産が打ち切られた。

今回のURUSでランボルギーニ社は、同社の『Aventador(アヴェンタドール)』(日本語版記事)や『Gallardo(ガヤルド)』を持っているオーナーに、ポルシェ社の『Cayenne Turbo(カイエン・ターボ)』やBMW社の『X5M』、メルセデス・ベンツ社の『G63』を下取りに出させて、同じくらい派手でもっとパワフルな自社の車を買わせたいと考えている。言い換えれば、同社は家族向けをアピールすることで、家族持ちを対象にしたいと考えているのだ。





そうした狙いから、URUSは4人掛けで、適度な大きさのトランクとタッチスクリーン式のエンターテインメント・システムを備え、後部座席の子どもを前部座席に寄せ付けない造りになっている。

さらに、ランボルギーニ社の常時全輪駆動システムに、最低地上高を上げて座席からの見晴らしをよくするために高さ調節を可能にしたサスペンションが組み合わさり、「日常の移動のあらゆる需要を満たし……メインカーとして家庭での使用」が可能だという。







しかし、ランボルギーニであるからには、もちろんある程度の狂気が含まれている。まずは600馬力というそのパワーだ。同社は駆動系について明らかにしていないのだが、同じクラスではCO2排出が最低だと主張している。同社のV10エンジンにターボチャージャーが利用されているのかもしれない。

ランボルギーニ社がURUSを北京モーターショーで発表するのは驚きではない。同社は毎年3,000台販売できると考えているが、その売り先は主に米国と英国、そして消費活動の華やかなロシアや中東、中国の大都市だ。現在はコンセプト段階だが、2014年末には販売される可能性があるという。









URUSはランボルギーニ社の原点に戻った車だと考えてほしい。創設当初は小さな会社だったランボルギーニ社において、創設者のフェルッチオ・ランボルギーニが手がけた最初の製品はトラクターだった。

[第二次世界大戦後、イタリアにトラックが不足していることに目を付けたフェルッチオは、軍が放出するトラックを民生向けに改造して販売することで富を得て、1947年に小さなチューニングショップを開き、1949年にはトラクターの自社開発を開始。現在もトラクターを作っており日本でも販売されている]

TEXT BY DAMON LAVRINC
TRANSLATION BY ガリレオ -矢倉美登里



【関連記事】
知人の「セクシーさ」を評価:Googleが特許出願
評判を落とすための「ネット工作」、米国新聞社が告発
99%のための「生活にやさしい」ガジェット9選
イヴェントを組織できるGoogleの『Schemer』
1%のエリートのための超高価なガジェット9選