先日、中学時代の同級生との婚約を発表し、周囲を大いににぎわした石川遼選手。電撃的なプロデビューから注目を集め、彼が活躍した年には赤ちゃんに「遼」と名付ける親が急増するほどの人気ぶりでした。その石川選手の名前の由来との一説もある漫画をご存知でしょうか。

 その漫画は「千里の道も」というゴルフ漫画。主人公「坂本遼」が、近所の練習場でアルバイトをしたことをきっかけにゴルフに目覚め、プロゴルファーとして成長していく、という物語。実は石川選手の父・勝美氏がこの漫画の大ファンで、この主人公から名前をつけたのではないか、とも言われています。

 この「千里の道も」は1989年から連載が続く長寿・人気漫画で、現在も『週刊ゴルフダイジェスト』で連載中です。その『週刊ゴルフダイジェスト』が7月の40周年を前に、リニューアルをすることになりました。その目玉企画として、4月23日発売の合併号では、この歴史ある漫画「千里の道も」の新しい章がスタートします。

 実は23年続く連載の中で、こうした新展開は初めてとのこと。新章では、全米オープンを闘った坂本遼の5年後が描かれる予定とも。
 
 石川選手を支えてきた父・勝美氏をも魅了した「坂本遼」。そのキャラクターはもちろん、物語もリニューアルを経て今後どんな展開をみせるのか気になるところです。もしかしたら石川遼・本人が登場、なんてこともありうるかもしれませんね。



『石川遼の名前の由来? 父・勝美氏も魅了した選手とは』
 著者:
 出版社:ゴルフダイジェスト社
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『第3のエネルギー「水素」が社会を変える?』(2012年3月30日09:00)
『「女子ウケ1位」のベッキー♪#が中高生応援ソング発表!』(2012年3月29日09:00)
『児童文学『バッテリー』のあさの氏が描く、江戸の巷の物語』(2012年3月28日10:00)


■配信元
WEB本の雑誌