タチカワ 電動カーテンレール「シエルド50」新発売

写真拡大

立川ブラインド工業(株)では、ホテルやイベントホールなどの商業施設や教育施設向けに、優れた静音性と高い省エネ性を備えた中型電動カーテンレール「シエルド50」を、5月1日(火)に新発売する。
「シエルド50」は、駆動音や振動を抑制したモーターを採用し、ランナーも滑走時のブレを抑制することで優れた静音性を実現、待機電力を抑えた電源基盤を搭載することで、高い省エネ性も実現した。
また操作方法についても機能が充実、約20m離れた場所からでも操作が可能なRFリモコン送信機を使った「無線操作」と、壁スイッチで開閉する「有線操作」に対応、併用操作も可能となっている他、モーターユニットに内蔵されたクラッチにより手引き操作にも対応する。さらにカーテンの開閉速度の6段階調、動き始めと動き終わりに低速で動作する「スロースタート・スローストップ機能」、停止させたい位置を登録(1ヶ所)できる「フリーポジション機能」なども搭載されている。カーブ仕様にも対応する。