iPadに一眼レフ用レンズと三脚を付けるケース

写真拡大

「iPadに一眼レフ用レンズと三脚を付けるケース」の写真・リンク付きの記事はこちら

第3世代のiPadは素晴らしいカメラを搭載している。しかし、手にタブレットを持つ形では高品質な動画を撮影できない。そこで役に立つのが『Padcaster』だ。

Padcasterは、iPadにカメラレンズと三脚を取り付けられる、頑丈な作りのケースだ。価格は約200ドル。Apple社が向上させたカメラの性能を、経済的に引き出すことができるという。

上の画像では、Carl Zeiss社のレンズが、約80ドルのレンズマウント『Lenscaster』を使ってPadcasterに取り付けられている。ケース自体はアルミニウム製だが、パッドが中に入っていてiPadがきちんとフィットする。

第3世代のiPadでは、1080pの動画を最高30fpsで撮影することが可能で、一部のデジタル一眼レフに(少なくともスペック上は)肩を並べている。デジタル一眼の最上位モデルのような35mmクオリティは確かに得られないが、写真や動画の撮影だけではなく編集も可能な、オールインワンのワークステーションとして使える利点がある。遠出して、動画の撮影、編集、配信までをその場で行うのなら、PadcasterとiPadのコンビは大いに役に立つはずだ。

Padcasterは4月下旬にラスベガスで開催された『National Association of Broadcasters』で発表され、現在販売されている。将来はiPhoneや他のタブレット向けも発売されるという。

TEXT BY CHRISTINA BONNINGTON
TRANSLATION BY ガリレオ -緒方 亮



【関連記事】
早送りで見た「0歳から12歳」
アップル製テレビ、買い替え希望者は3割:英米調査
日産ネットワークに攻撃、標的はEV技術か
ランボルギーニのファミリー向けSUV『URUS』
スローモーションで見る「愚かで危険な破壊」のいろいろ