G・JOE?はかく語りき
「女性は強い!」。冗談めかしながら、そんな台詞を吐く場面もあるでしょう。しかし、神話上には、「強い女性」がいたという伝承があります。ギリシャ神話に軍神アレースとニュンペーのハルモニアーを祖とする女戦士の部族「アマゾネス」が描かれています。

男性戦士とは別の、神々しく美しい力強さがあるせいか、「アマゾネス」的なキャラクターや組織は、世の物語の中で描かれる事もしばしば、です。人気漫画『ワンピース』の女帝ハンコックや一味などはその良い例でしょう。宮崎駿さんのジブリ作品で強い女性は必ず描かれていて、『もののけ姫』のエボシ様などやタタラ場の女性たちもその一例。SFドラマ『新スタートレック』第14話には、女性と男性の優位性が完全逆転した惑星が描かれています。

マァ、これらは妄想。男性と女性との間に、肉体的な差異があることは事実。ですから、女性が戦士に向かない事は差別でもなんでもなく、生物学的な事実なのであります(遺伝子操作の発達する近未来にはどうなるかは分かりませんが)。とは言え、女性の戦う姿には、また別個の美術的な魅力があります。目の肥えたローマ人たちは、そんな魅力を楽しみたかったのかもしれません。

「International Journal of the History of Sport」誌に掲載されている研究発表があります。スペイン、グラナダ大学のアルフォンソ・マナスら考古学研究チームが、小さなブロンズ像を発見しました。胸を顕わにした女性が、シカという短刀を
天に振り上げている像です。このポーズは“剣闘士の典型的な勝利のポーズ”として知られています。

トルコのボドルムにある古代ローマ遺跡でも、1〜2世紀頃に描かれたレリーフの中に、女剣闘士の試合風景が描かれているそうです。研究チームは女剣闘士が存在した可能性を指摘しています。しかしあるいは、現代の我々日本人と同じように、ただ憧憬や美しさを求めて、SF的な感覚で描かれただけだけかもしれませんが。

女神「アテナ」。考えてみれば、ギリシャ神話で「知恵」「芸術」「工芸」に加え「戦略」「都市守護」の軍神として描かれているのが、オリュンポス12神のうちの1神「アテナ」さんです。やはり、女性には独特なる魅力、慈愛と力強さを兼ね備えた母のような、美しきパワーを秘めているのです。

地球人は男性と女性に分かれました。男性には男性の強さと魅力、女性には女性の強さと魅力があります。いつか生態系の違う地球外生命体が我々とコンタクトを取った時、この性の2分割方式について、彼らは何を思うでしょうか。今日も地球人は、男と女がドラマを紡ぎ続けています。

【記事:G・JOE?】

■関連記事
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「デビルワールド」
【YouTube】ニャンダフル!「猫ちゃん専用エレベーター」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ポートピア連続殺人事件」
【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「イシターの復活」
フラッパーコミックス「デンキ街の本屋さん」第2巻が4月23日発売