【懐かしいゲーム特集】「ドラゴン’N’スピリット」

写真拡大

プログラム投稿雑誌の生んだ天才!

(画像:ニコニコ動画より)
©Bug太郎

今から四半世紀前、1987年頃はインターネットはおろか携帯電話等も一般には普及していなかった時代です。

そのころのパソコンと言えば、1台50万円以上するものが主流で(PC-98シリーズの場合)、MSX2等の低価格ホビーパソコンが徐々に流通してきた頃でもありました。

そんな中、ゲームプログラム投稿雑誌として人気を博していたのが電波新聞社の「マイコンBASICマガジン」。この雑誌の特徴としてはかなり昔のパソコンのプログラムも掲載し続けるというスタンスです。そのため、PC-8001(1979年リリース)のプログラムも10年以上に渡って掲載されてきていたというのは驚きです。
ドラゴン’N’スピリットさて「ドラゴン’N’スピリット」というのは「マイコンBASICマガジン」の投稿プログラムでBug太郎さんが作者とのことです。

ゲーム内容としてはナムコの「ドラゴンスピリット」の移植版?というべき内容で、そのプログラム技術・アイデアその他は卓越していました。しかもPC-8001という1987年時点でほぼ廃れていたパソコンでの作品だったことは驚異です。

※Bug太郎の本名は谷裕紀彦さん。現在は株式会社ネクスエンタテインメンの取締役としてゲームをプロデュースなされているとのことです。

「マイコンBASICマガジン」では「タイニーゼビウス」の松島徹さんの件も含めて多くの天才ゲームクリエイターを発掘してきたものです。残念ながら現在休刊になっている同誌、是非再び出会いたいものです。


【ライター:清水サーシャ】


ドラゴン’N’スピリット

■関連記事
『コープスパーティー THE ANTHOLOGY-サチコの恋愛遊戯 Hysteric Birthday 2U』コラボレーション情報公開
『5pb. the Best メモリーズオフ ゆびきりの記憶』5月17日発売
(ネタバレ注意)アニメ「アクセル・ワールド」第3話、何年かけても叶わなかった夢を、一日でかっさらった女
PSVITA「シェルノサージュ」サイン色紙プレゼント!応募期間は4月22日まで
ニコニコ動画で無料放送中のアニメ「這いよれ!ニャル子さん」第1話が、配信開始10日で100万再生突破!