NHKの異端児・堀潤アナのキレ芸!?

写真拡大

インターネット放送局『OurPlanet-TV』主催のシンポジウム「ポスト311時代のメディアとは 〜公共的なメディアを取り戻す作戦会議〜」が開かれました。
野中ともよさんをコーディネーターに、社会学者の上野千鶴子さん、映画監督の鎌仲ひとみさんと、気鋭の女性論者がズラリそろった図はフェミニズムの集会のよう。ですがこのシンポジウムの主役に躍り出たのは、30代のNHK男性アナウンサー・堀潤さんでした。

シンポジウムのテーマである“公共的なメディア”についてですが、多くの皆さんは“NHK=公共放送”という認識があるでしょうから、“公共的なメディアを取り戻す”と言われてもピンとこないのではないでしょうか。NHKがあるじゃん、と。
でも、ちょっと考えてみてください。さんざん騒がれた“NHK受信料未払い問題”。公共サービスですから、電気ガス水道と同じく、受信料を払うこと自体はよしとしましょう。ですが、料金を支払う対価として“NHKに意見する”、さらには“NHKの電波を利用する”権利が全視聴者に認められる、それが当然だとは思いませんか?
さらに忘れられがちですが、“電波は公共の財産”です。限りある電波を一部の大メディアが独占し続けることは、ホントはアウトなのです。民放は商業放送なので、利益追求に走るのは致し方ない面があります。でもNHKは公共放送ですから、本来は利益度外視で視聴者に電波を開放する義務があるのです。

NHKにはめずらしい柔軟な思考を持つ“やわらか頭”の堀アナは、ごく当たり前に「NHKは電波開放すりゃいいじゃん!」的なことを『Twitter』でつぶやいたところ、あえなくアカウントを取り上げられたそうです。みんなのNHK、コワいですねー。

上野氏と鎌仲氏

そんな“体制内の脱・体制”派である堀アナですが、このシンポジウムでは、よりフリーダムな女性論者たちから「何が中立だ」「国策チャンネルめ」など、ヤジの十字砲火を浴びていました。

でも、へこたれない堀アナ。『Twitter』騒動で打たれ強さを学んだのかもしれません。「おまえが(NHKを)変えろ!」の大合唱を受け、堀アナは「じゃあ、公約しましょう。3年以内にNHKに『パブリック・アクセス権』導入の目途を立てられなければ、会社を辞めます!」とフライング気味に宣言。

お堅いシンポジウムのはずが、何やら民放バラエティーを見ているような展開でした。うーん、堀アナは民放各局が「欲しい!」と思うに違いない、おいしすぎるキャラです。「開かれたNHK」と「開きっぱなしの堀アナ」の、今後から目が離せません。

[画像:「ポスト311時代のメディアとは 〜公共的なメディアを取り戻す作戦会議〜」より]

※この記事はガジェ通ウェブライターの「青木ポンチ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?