ディオール銀座リニューアルオープンを記念して『″LADY DIOR AS SEEN BY″展』を開催!
LadyDior_a.jpgChristian Dior(クリスチャン ディオール)は2012年4月22日(日)、旗艦店であるディオール銀座をリニューアルオープンします。売り場面積およそ650平米の5フロアからなる店内 は、1階がバッグとジュエリー&ウォッチ、2階がプレシャススキンとオーダーのバッグ、3−4階がレディースのプレタポルテとシューズコーナー、そして地 下1階はメンズラインであるディオール オムのブティックとなります。

このリニューアルオープンを記念して、世界のトップアーティスト達が独自のスタイルでディオールのアイコンバッグ「Lady Dior」をそれぞれに創り上げた作品を展示するエキシビション『"LADY DIOR AS SEEN BY"展』を開催します。

(写真は、『"LADY DIOR AS SEEN BY"展』に出店されるピーター・リンドバーグの作品)ディオールのアイコンバッグである「Lady Dior」が誕生したのは1995年、当時のファーストレディー、シラク夫人がパリを訪れたダイアナ妃に贈り、それを気に入った妃がどこに行くにも持ち歩くようになったことから、広く知られるようになりました。
この伝説的な存在である「Lady Dior」は、世界中のトップアーティストたちの創作意欲を掻き立てました。写真家、ビジュアルアーティスト、ビデオアーティ スト、さらには第一級の映画監督までもが独自のスタイルで「Lady Dior」の世界を作品に創りあげました。それらの作品を集めた今回のエキシビション、 『“LADY DIOR AS SEEN BY”展』ではオリンピア・スカリー、ピーター・リンドバーグ、デビッド・リンチ、アレック・ソス、ナン・ゴールディン、クエンティン・シー、マーティ ン・パー、ウィン・シャ、ウェン・ファン、アルネ・クインズ、リサイクルグループ、劉建華など世界の名だたるギャラリーに所属する各分野のアーティスト達 の作品に加え、名和晃平、東信、宮永愛子、鬼頭健吾、土井浩一郎ら日本人アーティストの作品も展示されます。このエキシビションは継続的なプロジェクトとして新たなコラボレーションを展開し、今後も他の都市での開催される予定です。


LadyDior_01.JPGリニューアルオープンする『ディオール銀座』の外観イメージ。




LadyDior_02.jpgフランスの宮殿をイメージし、
2階まで吹き抜けにしている『ディオール銀座』の1Fの様子。




LadyDior_b.jpgガラスビーズやプリズムシートを使った名和晃平の作品。




LadyDior_c.jpgガラスとワニの頭蓋骨を使ったウェン・ファンの作品。




LadyDior_d.jpgLady Dior」を用いたデビッド・リンチの写真作品。




LadyDior_e.jpg「Lady Dior」を取り入れたナン・ゴールディンの写真作品。




LadyDior_a.jpgピーター・リンドバーグの「Lady Dior」で顔を隠した写真作品。



【『ディオール銀座』リニューアルオープン 概要】
 リニューアルオープン日:4月22日
 住所:東京都中央区銀座5−6−1 銀座5丁目中央ビル
 営業時間:11:00〜20:00
 tel:03-5537-8333


【『“LADYDIOR AS SEEN BY”展』概要】
 期間:2012年4月22日(日)〜5月20日(日) 入場無料
    ※5月16日(水)のみ18:30まで
 住所:東京都中央区銀座4-3-1
 開館時間:11:00〜20:00


 【問】LADY DIOR EXHIBITION 展 tel:0570-050-121
 URL:http://www.i-dior.jp/ginza.php

■関連記事
【岸田一郎おすすめ情報】ボッテガ・ヴェネタがイニシャルサービスを開始
ジー ゼニア 『2012年春夏コレクション』は華やかな休日スタイルを表現
エルメネジルド ゼニア『2012年春夏コレクション』は軽やかなシルクにフォーカス