【YouTube】【懐かしいゲーム特集】「ヘッドオン」

写真拡大

車線変更

(画像:YouTubeより)
©SEGA

「ヘッドオン」は1979年にセガからリリースされたアーケード用のアクションゲームです。

このゲームは白い車(プレイヤー)が右回りで移動してドットを集めるというゲームです。敵の赤い車は左回りで移動していくのですが、プレイヤーを追いかけて行きます。

特徴的なのはギアチェンジによるスピード変更と車線変更の概念です。車線変更エリアで低速ギアの時は2車線、高速ギアのときは1車線までの変更が出来ます(この点は敵も条件が同じです)。


※「ラリーX」の操作感覚で「パックマン」をプレイするようなイメージと言えば分かりやすいかもしれません。
Head On(ヘッドオン)


「ヘッドオン」は現在のゲームから見ると派手さは無いのですが、何か熱くさせるものがあります。

そう言えば、「ヘッドオン」と同じような操作方法のゲームを意外と見掛けないです。それが古いゲームなのに逆に新鮮さを感じてしまうのでしょうか?

シンプルなほどゲームは面白いのかもしれません。


【ライター:清水サーシャ】

■関連記事
ボイスが聴けるカードコレクションアプリ「嫁コレ」に、『Another』の見崎 鳴が登場!
二次元コスパより、ニャル子Tシャツの予約受付が開始
PSP「化物語ポータブル」阿良々木姉妹参戦決定!
東京ディズニーリゾート全編アニメーションTVCMに女優の蒼井優さんをナレーターとして起用
ロッテ、「大人のトッポ」シリーズから「京都宇治抹茶のクリーミーパフェ」など発売