香港家庭用品展、香港国際家用紡織品展が開幕

写真拡大

香港家庭用品展(Hong Kong Housewares Fair)ならびに香港国際家用紡織品展(Hong Kong International Home Textiles and Furnishings Fair)が4月20日、香港島湾仔にある香港会議展覧中心にて開幕、あいにくの雨模様ながら、多数の業界関係者が来場し、好調な出足を見せている(主催:いずれも香港貿易発展局)。

主な出展品目は、キッチン用品、バス用品、雑貨類、アロマ、屋外用家具、クリスマス用品、ベビー&キッズ、マット、ラグ、カーテン等々、家の中のあらゆるアイテムが網羅されており、今回から「寵物用品世界」として、新たにペット用品のゾーンが大きく設定されたほか、「Green Lifestyle(緑色生活)」という素材のリサイクルとサスティナビリティに注目したコーナーも充実している。インテリアファブリックに関しては、国を挙げて出展したインド企業の存在感が圧倒的だが、中国系では、広東ホームテキスタイル協会のブースでは、深センを中心に展開しているオリジナルブランドを紹介。日本人の知らない中国カーテン業界のレベルの高さを印象付けた。
両展示会の会期は、4月23日(月)まで。