「友達の友達」でオリンピック選手とつながれるFacebookアプリ

写真拡大

「「友達の友達」でオリンピック選手とつながれるFacebookアプリ」の写真・リンク付きの記事はこちら

Samsung社が、クールなFacebookアプリ『Samsung Olympic Genome Project』を発表した。たいそうなネーミングや、オリンピックの「系図」だという同社の主張は別として、これはオリンピック版『六次の隔たり』と言える。六次の隔たり理論を利用して、オリンピック選手とつながることを可能にするというのだ。

このアプリでは、Facebookを利用する多数の人々はそれぞれ、間に4.7人を介せば互いに知り合いだという主張が繰り返されている。

[「六次の隔たり」とは、人は自分の知り合いを6人以上介すると世界中の人々と間接的な知り合いになれるという仮説。ミラノ大学の研究者らの調査で、Facebookユーザーの場合は「四次の隔たり」であることがわかったという日本語版過去記事はこちら]

FacebookのプロフィールからSamsung Genome Projectにアクセスすると、このアプリが「文字どおり、自分とつながっている人々の系図を作る」とSamsung社のラルフ・サンタナは説明する。

「これは、あまり目立たない選手たちを人々に知ってもらい、親しみやすくする取り組みだ。同郷の出身でなくとも、まるで同郷の選手のように支援する雰囲気が生まれるだろう」とサンタナ氏は言う。「オリンピックとパラリンピックの現在および歴代の出場選手、約10,000人分のデータをまとめたアスリート・コミュニティーにつながっている」

このアプリを試してみた筆者は、高校時代につきあっていた相手が、米国の陸上チームの一員に選ばれそうだということを発見した。さらにフェンシングの選手、飛び込みの選手や手足のない陸上選手とさまざまな次元でつながっていて、その全員がFacebookのわたしのプロフィールと共通する何かを共有していた。

このアプリの欠点は、検索機能がないために、わたしにとってナンシー・ケリガンやマイケル・ジョンソンがどれくらい近い存在かが調べられないことだ。その点はちょっと期待はずれではあるが、自分のネットワークを広げるためにすべきことが、Facebookのプロフィールに関心事や趣味など、何でもよいのでより多くを追加するだけだというのは素晴らしい。そうすることで、つながりが広がる可能性が増える。

つながればつながるほど、ポイントやトークンをたくさん獲得でき、何かを手に入れるときに役に立つ。わたしは現在50ポイントを持っているので、米国選手団のユニフォームを5ドル引きで手に入れることができる。

「つながりのある選手については、FacebookやTwitterでフォローして、彼らのメッセージや情報を得ることができる。つながりが感じられると、理解も進むのだ」

TEXT BY BETH CARTER
TRANSLATION BY ガリレオ -藤原聡美



【関連記事】
ランボルギーニのファミリー向けSUV『URUS』
スローモーションで見る「愚かで危険な破壊」のいろいろ
超音波ビームで「ソニックねじ回し」が実現
米軍が開発する「バーチャル・セラピスト」:動画
アイスランドから中東まで接続、「超電力網」計画