沖縄で紅白の新種エビ「チュラコシオリエビ」が発見される!

写真拡大


とーっても、綺麗ですよね!

この子のお名前は「チュラコシオリエビ(学名:Galathea chura)」だそうですよ。しかも、体長が約15ミリなので、とっても小さいんですね。

このエビは、非常に巨大な水槽で有名な沖縄美ら海水族館の職員の方が発見したそうです。ちなみに、コシオリエビは触角と長いハサミに6本の脚を持つのが特長だそうで、名前にエビが付いているのですが、エビの仲間でもなく、長いハサミを持っているからといってもカニの仲間でもなく...ヤドカリの仲間になるそうですよ。

沖縄美ら海水族館に行けば実物が見れるのかなぁ。とちょっと期待しましたが、同館によると、「本種の展示は行っておりません。」だそうです。まだ発見されたばかりなので、どういった生態なのかも調査中なのかも知れませんね。色々分かった暁には、是非とも展示してもらいたいなぁ。と思いました。


新種「チュラコシオリエビ」を発見![沖縄美ら海水族館]
コシオリエビ上科[Wikipedia]

(KENTA)